2016年12月27日火曜日

日本語のスイッチ・言葉の洪水

日本に一時帰国する最大の目的は家族と会うことですが、次の目的は、子供の日本語教育です。

毎回、帰国するたびに感じるのは、社会における言語環境の影響の大きさ。
親が家庭で何語を話していようと関係ありません。
子供の脳は、瞬時にその社会の言語に適応しようとします。

今回も、こちらに着いた途端に、子供の頭が英語から日本語にパッと切り替わったようです。
日本語のスイッチが入った、というやつでしょうね。

ここ 1 ヶ月ほどは、独り言やパッと出てくる言葉は英語が多く、ママは日本語しかしゃべらないわかっていても、延々と英語で話しかけてこられることが多かったんです。

親が日本語で話しかけて、子供が英語で返す、というのは海外在住では非常に多いんですが、うちはそういうのはないといいなぁと密かに願っていたので、少しショックでした。

でも、空港でばぁばと会った瞬間に、「あっここは日本語の環境だ!」と思ったんでしょうね。
それ以来、急に頭が日本語に切り替わったような気がします。
会話の中で、英語は単語さえ出てこないですね。
今日も朝から、自信を持ってじじばばに積極的に日本語で話しかけています。

子供の脳ってすごいですね。
何事もなかったようにパパとは英語でスカイプしているのにも、感心しました。

さて、親バカトークはこの辺にして・・・・

今日はトイザらスに行って、こちらで滞在中に使うおもちゃやなんかを買いました。
レゴやシルバニアファミリーなんかはアメリカの方が多分安いんんですが、持ってくることを考えると安いですね。

びっくりしたのが、ディズニーキャラの商品の豊富さ。
アメリカでは売られていないような物がたくさん売られています。
今まであまりディズニーの映画などを見せておらず子供はそこまで興味がなかったので、あまり気になっていませんでしたが、今回は違います。

子供が大好きな Sofia the First (小さなプリンセスソフィア)のグッズは、アメリカではディズニーストアに行ってもなかなか手に入らないんですが、こちらでは手袋からパズルから文房具から食器に至るまで、ものすごい種類が豊富で、びっくりです。

アメリカを離れる前に探していた、プリンセスソフィアのバックパック(リュック)もすぐに見つかって、早速、旅行中はこの中に子供のものを入れて自分で運んでもらおうと思っています。

あまり散財しないように気をつけます!




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

アメリカから日本への定番土産

昨日から一ヶ月ほど、日本に帰省しています。
久しぶりの日本のお正月をとても楽しみにしています。

今回は、久々にお土産をたくさん買いました。

というのも、今回の帰省の間は親戚はもちろん、高校の同窓会と中学の同窓会があるので、たくさんの人に会うんです。

見てください、これ。



スーツケースの半分以上がお土産。
いつもはスーツケースひとつだけなんですが、久々にサブバッグをチェックインしました。

内容は、Trader Joe's(トレーダージョーズ)、Whole Foods(ホールフーズ)などの自然系食料品スーパー、Costco(コストコ)のものがほとんどです。

チョコやミントやスパイスやコーヒー・ハーブティーなどの細々したものを、トレジョやホールフーズのエコバッグに入れて渡す予定です。
とにかく、今回は質より量です!

子供がいる人たちには、英語の絵本も。本は重いので冊子です。
日本でも翻訳されている馴染みの絵本や、人気のシリーズ・キャラクターものが喜ばれるとどこかで読んだので、おさるのジョージにしました。

ここ 2 年は、母のリクエストでメープルシロップとハチミツを買っていくことが多く、一緒にジャムなんかも持ってくることが多かったので、今回はそれはあえて外しました。
(でも、メープルシロップを一瓶だけ持って帰ったら、「ちょうどメープルシロップ切らしてたのよ〜」と 笑)

いろんなひとに会うのが今から楽しみです!




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年12月23日金曜日

ホリデーカードの挨拶は「メリークリスマス」ではなく?

この時期、欧米では、日本の年賀状のようにグリーティングカードを送り合うのが習慣です。
ホリデーカードですね。

最近は Eメールや SNS で省略されてしまう場合が多いですが、毎年必ずオリジナルな手の込んだカードをくださるご家族もいますし、その年に新しく家族を迎えた場合はその年だけカードを送る、というご家族もあります。



ホリデーカードは、既製品もありますが、家族写真が多いですね。
サンタクロースと一緒に写真撮影をしてそれを使うご家庭もあります。
そんなオリジナルのカードは、Shutterfly や Costco でオーダーする人が多く感じます。

正直、日本から家族が送ってくれる立体になるクリスマスカードがいちばん豪華だったりします。

我が家は、子供が生まれる以前は愛犬・サンタ・夫婦で一緒に撮影した写真をオリジナルカードにして郵送していましたが、子供が生まれてからは、サンタ・愛犬・娘・夫婦が写った写真を撮って、それを SNS で使用しています。

これは、お子さんのいない夫婦や独身者への配慮もありますが(SNS ならスルーできますが、カードが届くと処理に困るだろうと思います。かといって彼らにだけ既成のカードを送るのも失礼かと・・・いらない心配かもしれないですが難しい問題です)、この時期、日本への帰省をしたり長期の旅行に出ることから、暇がないのが大きな理由です。

カードに書くお祝いの言葉ですが、

Merry Christmas! 

でも良いのですが、相手がキリスト教徒以外であるかもしれないことを考慮して、

Happy Holidays!

とする人も多いようです。

これなら、クリスマスや新年も含めホリデーシーズンをお祝いする感じになるので、より良いと思います。

私には世界中にいろんな言葉を話す友達がいるので、SNS などでの挨拶は、以下のようにしています:

Happy Holidays!
¡Feliz Navidad!
Feliz Natal!
즐거운 휴일!
圣诞快乐!
Selamat Hari Natal!
शुभ क्रिसमस!
Chúc mừng giáng sinh!
سال نو مبارک!
С Рождеством!
Frohe Weihnachten!
Joyeux noël!
Woof Xmas Woof! Meow!

これは、数年前に、いろんな言語で「Merry Christmas」「Happy Holidays」や「Happy New Year」を意味する挨拶を探し出し、この時期、その文化に一番合う表現を選びました(と言っても、ネットの情報を集めただけでネイティブの友達に確認したわけではないので、間違っている可能性ありですが)。

最後の挨拶は犬語と猫語です。

ちなみに、我が家のサンタ写真ですが、犬OKの写真屋さんは少ないので、アニマルシェルターのイベントや、普段から犬連れ込みOKなガーデニングのお店のイベントなどを狙って行きます。
大体、写真一枚で 25 ドルくらい。それプラス、その写真のデジタル版もお願いすると、計 40 ドル前後です。

それでは、

Happy Holidays!




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年12月21日水曜日

クリスマスの絵本集「Little Golden Book Christmas Stories」

今日は久しぶりにクリスマスに関する絵本を買いました。

毎週のように絵本を買っていますが、なぜか季節ものの絵本は買うのを躊躇してしまうことが多いですね。

例えば、夏(海)とか冬(雪)とか、季節そのものに関する本だったらいいんですが、クリスマスやハロウィンやイースターとなると、そのイベントの前にしか読んではいけないような気がして、そうなると、それ以外の季節はどこかにしまっておかないといけないのかぁ〜

なんて考えてしまいます。

でも、母とスカイプしていて、「もうすぐクリスマスね〜。クリスマスの本、たくさん読んであげなきゃね」なんて言われて、「はっそういえば、私はイベントもの(クリスマス・七夕など)の本を結構たくさん読んでもらって育ったなぁ。楽しかったなぁ」と思い出しました。

そこで、この間から書店に寄るたびにクリスマスの本を探していたんですが、見つけようとすると、なかなか良いのが見つからないのです。

もう子供には幼すぎたり、あまり内容がなかったり。
20 ドル近くしたりして、なぜかやたらと高かったり。

サンタクロースやトナカイさん、クリスマス・ツリーなどは、この季節、日常生活をしている中で常に目にしているので、それ以外のことを盛り込んだクリスマスの絵本が欲しかったんですよね。

そして、今日ターゲットでショップングをしていて偶然見つけました。
「Little Golden Book Christmas Stories」という本。


 

下記の9つのお話が1冊に詰まっています。

  • Jingle Bells
  • The Nutcracker
  • The Twelve Days of Christmas
  • The Little Christmas Elf 
  • The Christmas Story
  • The Poky Little Puppy’s First Christmas
  • Baby’s Christmas
  • The Night Before Christmas
  • The Christmas ABC

これだけのお話が詰まって、12 ドル前後でした。
これを通して読めば、クリスマスが何なのかは、どんな子でもわかると思います。

この本に決めた理由は、前回記事に書いた子供の大好きな The Nutcracker (くるみ割り人形)の話が入っていたのが大きいのですが、話によって絵や表現や扱っている題材が全く違うので、来年も再来年も楽しめそうだなと思ったのが一番の理由です。

特に、2 〜 3 歳児にとっては、サンタのためにはじめて働くエルフの女の子のお話・The Little Christmas Elf や、スカンクとお友達になる子犬の物語・The Poky Little Puppy's First Christmas など楽しめるんじゃないでしょうか。
他の物語はもっと上の子(4 〜 5 歳)向けです。

途中、イエスの誕生の話なども入っていて宗教的な部分もありますが(クリスマス自体がキリスト教のものですから)、それも子供にとっては知っておく必要のあることなので、良いかなと思いました。

それから、細かいかもしれませんが、季節もののまとめ本にしてはよくできているなと思ったのが、フォントが本を通してずっと同じだった点です。

これは、読みやすさに影響するので、とても嬉しかったです。



 


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

クリスマスの風物詩・バレエ「くるみ割り人形」

クリスマス前になると、地元の新聞やフリーペーパーにバレエの「The Nutcracker」(くるみ割り人形)の公演の広告が載ります。

クリスマスの風物詩と言うのでしょうか、この季節は普通の一般家庭でも、子供を連れてくるみ割り人形を観に行かれるご家族が多いです。

我が家も以前、パシフィック・ノースウェスト・バレエ(Pacific Northwest Ballet)のくるみ割り人形を母と見てから大ファンになったため、毎年一回は見たいなぁと思っています。

今年は子供のスケジュールと合わず、パシフィック・ノースウェスト・バレエ団のではなく、インターナショナル・バレエ団のくるみ割り人形を観に行きました。

シアトルのダウンタウンの McCaw Hall ほど大きくない、ベルビューのダウンタウンにあるMeydenbauer Center Theatre だったので、新しいけれど比較的小規模なシアターでの公演でした。
ここには以前にも他のバレエ団の公演を見に行ったことがあります。

オーケストラの生演奏ではないのは残念でしたが、すごく間近で見ることができてとても満足でした。
何と言ってもチャイコフスキーの音楽が素晴らしいですよね。
クラシック音楽にはほとんど興味がない私でも入っていける世界です。

子供も約 2 時間、ずっと一生懸命見入っていました。
どちらかというと、パシフィック・ノースウェスト・バレエよりもより子供向けでちょうど良かったです。
普段は着ないようなドレスでおしゃれをして出かけた事も楽しかったようです。

これは参考までに、サンフランシスコ バレエの「くるみ割り人形」宣伝用動画です:







ところで、くるみ割り人形って実際に見た事はありますか?
こんな感じの木の人形で、ドイツの民芸品です。


今ではほとんどホリデー・シーズンのインテリア小物という扱いで、実際にこれでくるみを割っている人はいるのでしょうか?
ちなみに、日本のくるみは硬くて割れないようです。

友人宅では、この人形を子供が怖がるので、子供に触って欲しくないものの横に置いておく、と言っていました。

この季節に欧米から日本に帰省される方は、くるみ割り人形をお土産にされるといいかもしれませんね。





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年12月20日火曜日

クリスマスに家族とジンジャーブレッド ハウス作り

アメリカの家庭では、クリスマス前になると、ジンジャーブレッド ハウス(Gingerbread House)という、ジンジャーブレッドで作られたお菓子の家を作ります。

ドラッグストアやスーパーで売られているジンジャーブレッド ハウスのキットを使う場合もありますが、型を使って全て手作りのご家庭もあります。




ちなみに、ドイツ語ではヘクセンハウス(Hexenhaus)と呼ばれ、ジンジャーブレッドの代わりにレープクーヘンを使った場合はレープクーヘンハウス(Lebkuchenhaus)と言うようです。

また、ジンジャーブレッド ハウスの部品を繋げたり貼ったするための糊の役割を果たすのが、アイシングです。

真っ白で、雪のようですね。

このアイシングは固すぎると途切れてしまったりくっつきが悪いので、事前に湯煎にかけておくと、ちょうど良い柔らかさになって上手に使うことができます。

バイリンGuru では、英語圏のホリデーを祝いながら英語や異文化を学ぶことを奨励しています。(ホリデーのページはこちら。)

そこで、ジンジャーブレッド ハウスの屋根や壁にはカラフルな色でコーティングされたチョコやグミなどを飾るので、

What color is this?
It's red. 

というように英語で色あてをしたり、ジンジャーブレッド ハウス作りの間は英語で会話をするなどしてはどうでしょうか?

ところで、日本の実家の母は、80 〜 90 年代の日本においてジンジャーブレッド ハウスなんてものは TV などで見たことはあっても名前は知らなかったと思います。

それでも、息子のバレンタインデーのお返しにと、毎年ホワイトデーが近づくと、お菓子の家の型を自分で作って、それを形どったクッキーを焼き、それを、アイシングの代わりにチョコレートを湯煎にかけたものでくっつけ、カラフルなチョコなどで子供達に飾りをさせていました。

もらった女の子と女の子のお母さんはそれはそれは喜んでいました。
今考えたらハイカラ(死語?)な家庭だったかもしれません。

私はその家庭的な DNA を受け継がなかったので、もちろんキットを使用しています。

今年、我が家はドレーダージョーズでもホールフーズでも QFC でもジンジャーブレッド ハウスを買うことができず(売りきれでした)、ドラッグストアのウォルグリーンズで 10 ドルくらいのキットを買いました。

子供にほとんどやらせた結果、出来上がりはこんな感じです。

A photo posted by バイリンGuru (@bilinguru) on


さすがに子供の口に入れるものなので、もう少し良いものがよかったかなぁ〜
それともどこでも同じなのかな。

今の所、飾ってあるだけで、食べる予定はありません。
置いておくと埃をかぶってしまうし、すぐ食べるのでなければどこのものでも一緒ですね!





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

英語の定番クリスマス ソング(YouTube 動画&歌詞付き)

もう直ぐクリスマスなので、今週はクリスマス特集です!

クリスマスの時期になると、お店やラジオで流れている音楽はクリスマスソングだらけになってしまいますね。 (これが憂鬱なリスナーは結構多いようですが。) 

クリスマス ソングはそう沢山はないので、英語の歌でも、定番のものは馴染みがあると思います。

今の時代、歌詞はどれもネットで手に入るので、ぜひプリントアウトしてお子さんと一緒に歌ってみてくださいね。

今日ここでご紹介するのは、子供向けの歌の動画を沢山 YouTube にアップしている Little Baby Bum さんが作成した定番クリスマス ソングの動画です:

We Wish You A Merry Christmas



歌詞

We wish you a Merry Christmas
We wish you a Merry Christmas
We wish you a Merry Christmas and a Happy New Year.
Good tidings we bring to you and your kin
We wish you a Merry Christmas and a Happy New Year

Jingle Bells



歌詞

Dashing through the snow
In a one-horse open sleigh
O'er the fields we go
Laughing all the way

Bells on bob tail ring
Making spirits bright
What fun it is to ride and sing
A sleighing song tonight!

Jingle bells, jingle bells,
Jingle all the way.
Oh! what fun it is to ride
In a one-horse open sleigh.

Jingle bells, jingle bells,
Jingle all the way
Oh! what fun it is to ride In a one-horse open sleigh.



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年12月15日木曜日

親子の日常会話の 10% を英語にするだけで、バイリンガルに!?

先日、何かについてリサーチしていたら、日本バイリンガル子育て協会・Japanese Association for Raising Bilingual Children (JARBC) が提供している、

うちの子はバイリンガルになれるかな?理論と実践

というスライドを目にしました。

Simon R. Downes 博士(PhD)が用意されたスライドです。
東京で学校を運営されている方のようです。

バイリンガル子育てについて、博士は日本在住者向けに 2 つの方法を取り上げています。
イマージョン教育 (例:日本の場合) 
幼稚園から高校まで、一日の通常カリキュラムの50%以上は英語で行われる。 
英語で子育て (例:日本の場合) 
一日の親子の日常会話の10%ぐらいを英語で語りかける、もしくは、教材を使 用して教える。
イマージョン教育についてはこちらでもよく取り上げているので、お家でできる「英語で子育て」の方を今日は取り上げてみたいと思います。

日常会話の 10 % を英語と言うと、例えば寝る前の絵本の読み聞かせとか、そんなのでカバーできる量ではないでしょうか。

これなら、今日からできるし、お金をそれほどかけずに誰でもできそうですよね。
バイリンGuru の趣旨にもあっているなぁと思いました。

ただ、親としての心配は、日常会話の一部を英語にすることによる、子供の日本語の遅れですよね。
でも、大丈夫。
この英語での子育て方法について、博士は、
親が地域の主要言語を話し、子どもと一日の数パーセントだけを英語で 過ごしたり、英語の本を読んだりする場合、日本語能力を失う可能性は ほぼない。さらに言うならば、地域で話されている言語の影響が家庭で 話される言語の影響を上回ることが、学術論文で何度も示されている。
と書かれています。

さらに興味深いのは、「親の不完全な文法・発音は子供に移るか?」というスライド。

英語ができない親が子供に英語を教えない理由として、間違った発音や文法を教えてしまうのが怖いというものがありますが、それに対し、このようにまとめられています:
最近の研究で、non-native English speakersの両親から学ん だ子どもは、子ども自身、自ら頭の中で文法や発音を修正するため、 両親よりも英語が上達するという結果がある。
これらの理由には、1. 言語の適性、2. 豊富な学習教材(TV, CD, DVD)インプット量が多いということが考えられる。
日本人は、異常に英語の発音を気にしますが(私はそんなに気にする必要はないと思います)、そう言った懸念をも払拭してくれる研究結果があるのは、心強いですね。

スライドは最後に、「英語教育において、ネイティブな先生は必要ありません。どんな親でも気軽に始 められます。」と締めくくられています。

他にも、ポジティブな学習環境の与え方や、日本人としてのアイデンティティへの影響などにも触れられているので、とても勉強になるスライドだと思いました。



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年12月13日火曜日

バイリンガルは他者の心理の理解力が高く、文章の読解力も高い

バイリンGuru を始めてから、バイリンガル教育に関する記事がよく目につくようになりました。

最近のトレンドのようで、バイリンガルの利点に注目した記事が多く、その多くはすでに「バイリンガルの利点」のページでカバーしてあります。

今日読んだ NPR の記事「6 Potential Brain Benefits Of Bilingual Education」では、2 つの新しい利点について触れていたので、早速、下記の 2 点を追加しました。


他者の気持ちがわかる



バイリンガルに育った子供は、相手や場所によってどちらの言語を使えば良いか決める訓練を小さい頃から自然にしているため、 他者の心理を行動から想像・理解する能力に長けているようです。

社交性・感情面のスキルが高いわけですね。

他者の心が読めるということは、共感したり感情移入をすることも得意なのではないでしょうか。

相手の気持ちを汲み取り寄り添うことができる、心優しい人間に育ってくれそうですね。

文章の読解力が高くなる



英語圏におけるバイリンガル研究では、英語と外国語のバイリンガルは、英語のみのモノリンガルよりも読解力が高いことがわかっています。

これは、2 言語を学ぶことで、一般的にどのように言語が機能しているかという理解がより高くなるからのようです。

ちなみに、この能力は、「metalinguistic awareness」(メタ言語意識)と呼ばれます。
「メタ言語意識」とは,意味とむすびつく言語形式や構造,機能に向けられる意識的な内省であり, 言語を客体化して分析し運用に応用することができる能力を言う。 ここで言う言語の構造とは,音韻,形態,語彙,統語,談話など様々なレベルを網羅する。 例えば,メタ統語意識 (metasyntactic awareness) は,非文の判定や訂正ができるかどうかの能力を示す。
母語 (L1) の獲得にともないこのメタ言語能力も発達するが,外国語 (L2) に接することによりさらに意識化が促進すると言われている。


面白いことに、たとえ完璧なバイリンガルでない場合(英語に比べて母語の方が強く、英語の能力が平均より低い場合)でも、英語の文章の読解力は、英語のみ話すモノリンガルと同等であったという研究結果があります。

たとえ英語の語彙量は少なくても、一般的な文章の構成の理解能力が高いため、パズルを解くように文章を読み解くことができるようです。



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

絵本を2冊追加・「Maisy Goes Camping」と「Dilly Dally Daisy」

久しぶりに、バイリンGuru に絵本を 2 冊追加しました。

一冊めは、「Maisy Goes Camping」 で、二冊目は、「Dilly Dally Daisy」です。
メイジーとデイジー。偶然ですが似たような名前に。

ちなみに、二冊とも、Half Price Books というお気に入りの本屋さんで見つけました。
この本屋さんは、新品の本も古本も売っていて、この 2 冊は新品のものが日本の書店でいう「平積み」されていました。

メイジー・シリーズは子供が「Maisy Goes to Preschool 」が好きなので買いましたが、「Dilly Dally Daisy」の方が子供はお気に入りのようで、内容を暗唱できるほどに。

以下、バイリンGuru からの転載です。

Maisy Goes Camping


あらすじ

メイジーはある日、お友達とキャンプに行くことにします。

キャンプ場では、みんなで協力して、テントを組み立てますが、なかなかうまく行きません。
 それでも何度か挑戦して、やっと倒れないようになりました。 

その夜、キャンプファイアーを囲んで、みんなでお歌を歌いました。 
就寝時になり、一人一人、テントの中に入っていきます。
4人目のメイジーまでは良かったのですが、5人目の象・エディーが入ると、テントはパンパンになり、ぐちゃぐちゃに! 
一人ずつテントの外に弾き飛ばされ、結局、エディー以外の4人は星空の下、野宿をすることになるのでした。

解説

メイジー・シリーズの一冊です。 いつも通り、シンプルな英単語のチョイスで、文章も読みやすく、話もわかりやすいです。 5 までですが、数を数える練習にもなります。




Dilly Dally Daisy

あらすじ 

何をするにも時間のかかるデイジーは、いつもお母さんに注意され、それでも遅刻してしまいます。

ぬいぐるみに体操を教えている間に朝食のシリアルがふやけてしまったり、ピアノのレッスンの直前に急に練習したくなってレッスンに遅れてしまったり、色んなことをしているうちに学校に遅れてしまったり。

そんなデイジーですが、ある日、今日水泳教室に遅れたらもう通わせてあげないよ!とお母さんから注意されます。
家族の中で唯一の「人魚」であると自負するデイジーは、ぬいぐるみにプールの安全を教えるために、どうしても水泳教室に行きたい。 

そこで、立ちはだかる色んな障害を克服して、やっと時間通りに水泳教室に行けることに・・・!?

解説 

「dilly-dally」とは、「ちんたらする」という意味です。

デイジーがいつも遅れる理由は、ぬいぐるみ遊びだったり、着る服が決まらなかったり、ダラダラと興味の赴くままに新しい事を始めてしまったり、と言った、子供にありがちなものです。

それを、子供の視点から描いたものなので、子供なら、何かしら共感できると思います。
お気に入りの服がまだ洗濯されていなくて着れないだけで、人生が終わりのようになってしまうなんて、大人にとっては考えられないですが、子供にとってはおおごとなんですよね。 

デイジーの何にでも全力投球で一生懸命な姿に、自分の子供の姿が重なるとともに、親自身も、時間通りに行動できない子供にイライラして、口うるさく注意してしまう姿に自分を重ねてしまう事でしょう。 

デイジーのいたずらな顔やお母さんや弟(?)の呆れた顔がほっこりする一冊です。






にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年12月3日土曜日

相互 2 ヶ国語イマージョンプログラム・ワシントン州シアトルのバイリンガル教育事情

今日は、シアトルの無料子育て雑誌「ParentMap」の 9 月号の

"How dual immersion models are breaking the mold for learning language."

という記事の紹介です。
「mold」はカビという意味もありますが、ここでは(古い)型の事で、break the mold で、「古い型を破る」という意味です。

スペイン語をしゃべる人は貧しく教養がないというステレオタイプから、アメリカでのスペイン語教育や、英語とスペイン語のイマージョン教育は長年敬遠されていました。

バイリンGuru ブログでも、母国語としてのスペイン語を捨てるヒスパニック系移民の話を以前したと思います。

ところが最近、バイリンガルである事の利点が知られてきているので、中流〜上流の白人家庭を中心に、英語・スペイン語のイマージョン スクールの人気が出てきています。



ここシアトルでも、「Two-way dual immersion program」(相互 2 ヶ国語イマージョンプログラムとでも訳せばいいのでしょうか)という、バイリンガル・プログラムが増えているそうです。

「Two-way dual immersion program」とは、スペイン語のネイティブ・スピーカーの生徒と、バイリンガルもしくは英語のみのネイティブ・スピーカーの生徒が同じクラスで授業を受けるプログラムです。

スペイン語と英語のネイティブ・スピーカーである子供を混ぜることで、お互いから言語を学ぶ相乗効果を期待してのことです。

そういった良い面もある一方、お互いにフラストレーションが溜まる環境のようで、問題は山積みのようです。
なんとなく、英語のネイティブ・スピーカーが中心の Two-way であることがネックなのかなと私は思います。

それでも、需要が非常に高いため、今、急ピッチで相互 2 ヶ国語イマージョンプログラムを増やそうと教育者たちは頑張っていて、スペイン語のネイティブ・スピーカーの生徒と英語のネイティブ・スピーカーの生徒の比率を半々にしたり、成功への方法を模索しているようです。

一方、カナダの英語・外国語(主にフランス語)のイマージョン・スクールは、私のイメージでは、入学の際に、親がその外国語のネイティブ・スピーカーであると優先されるというイメージがあります。

これは、アメリカ的な、利己的で個人主義的な考え(個人のキャリアやグローバル化に有益など)と、カナダ的な、個人のヘリテージを大事にしそれを他者も尊重することで国全体が豊かな文化になりグローバルになるという考え方の違いにあると思います。

それ以外は、この「Two-way dual immersion program」の仕組みは、カナダで一般的なイマージョン・プログラムと似ていると思います。

例えば記事の中で紹介されている学校では、プリキンダー(幼稚園年中)から小学校一年生まではすべての授業をスペイン語で行い、2 年生では算数を英語で教えるようになり、3年生からは全体の 30 % の授業が英語になり、4年生からは、英語とスペイン語の授業の割合が 50/50 (半分ずつ)になります。

本物のバイリンガルに育てるには、イマージョン・スクールがいちばん効果的であることは、カナダのイマージョン・スクールの卒業生たちが証明しています。

難点は、親が宿題を手伝ってあげられない場合があること。
英語のネイティブの親が、スペイン語の算数の宿題(ほとんど数字と記号)を手伝ってあげるのは、簡単かもしれません。
でも、その他の科目となると、難しいでしょうね。

また、結果が見えづらく、非常に長い目で見ないといけないので、学校や、学校のカリキュラム、そして何と言っても、先生たちへの信頼がないと、続けるのは難しいでしょう。

ここワシントン州には、Washington Association for Bilingual Education という組織があり、シアトル近郊で定期的に学会を開いているようですね。

ここでもその様子をレポートできたらなと思います。






にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年12月2日金曜日

ディズニー最新作・Moana (モアナと伝説の海) のアメリカでの批評

ディズニーの最新作・Moana (モアナと伝説の海)を、子供と一緒に映画館で見てきました。

11 月 23 日にリリースされ、人気だと聞いていたので平日に行ったら、とても空いていて、かつ、面白いシーンでは周囲から笑い声が聞こえるくらいは人が入っていて、良かったです。
アメリカの映画館の笑い声、大好き。





信用度の高い、映画評論サイトの Rotten Tomatos で 98 % の高評価なので、楽しみにしていました。
娯楽映画としてはとてもよくできて、心温まるいい映画でした。
女の子が主人公なのに、いつものディズニー・プリンセスっぽくないのも良かったです。

注:ここから下、ネタバレです。





昔からディズニー映画と言えば、ディズニー・プリンセスといい、登場人物は白人が多いですよね。
なので、社会的なプレッシャーもあり、ディズニーは非白人社会を題材にした映画を今までも幾つかリリースしてきました。

今回も、その一環なのかなぁと思いますが、いつも通り、「製作側は正しく文化を理解していない」とか「差別的だ」というお叱りが一部の一般人や専門家から出ています。
(全体的にはポジティブな批評です)

まず、美しくチャーミングなモアナに比べて、マウイの容姿がひどすぎる、という批評。

太平洋の島国の人(Pacific Islanders・Polynasians)は太り気味だというイメージが白人社会にあり、ステレオタイプも甚だしい、というところでしょう。
確かに、マウイの大きな体は、映画のマウイのキャラには合ってますが、顔とか体のつくりとか、デブというよりはマッチョだけど、デフォルメが凄すぎて、あまりにもひどいですね。

そして、そのマウイのキャラなんですが、まぁ、ちょっとおバカさんですよね。
これもまた、批判の的です。
図体がでかくて、おバカさん。

そして、批判は、ココナッツにまで飛び火します。

島の人たちが、皆ハッピーに歌いながらココナッツを集めたりするシーンが出てきます。
ココナッツは確かに太平洋の島国にたくさんありますが、あまりに過剰にココナッツばかり出てくるのは、ちょっとした問題のようです。
確かに、あまりにココナッツばかり出てくるので、島にはココナッツしかないんかい!というツッコミもあると思います。

その上、途中、モアナとマウイに立ちはだかる海賊の一味が、全員ココナッツ(本当に、人種(?)がココナッツ)なんです。
うん、確かにこれには私もびっくりした。

日本を舞台にした物語だったら、寿司族が出てくるかな?
インドだっったらナン族?
中国だったらパンダ? それなら一応動物だし、可愛いかな。

ただ、もちろん、自分たちの文化や歴史を題材に使ってもらえたのは、太平洋の島々出身の人には嬉しい思いもあるようなので、きっと、「あともう一歩!」という感じなのでしょう。

ディズニーはきちんとリサーチして現地の人と相談して製作したと思いますし、モアナの声優さんも、ハワイ出身の女優さん(Auli’i Cravalho)を起用するなど努力していますが、白人社会が非白人社会を題材に扱う場合、みんなをハッピーにすることは難しいでしょうね。

さて、私自身は、とても楽しめたし、ディズニー側に悪意はないと思うし、あまり気になりませんでした(当事者でないですし・・・すみません)。

モアナとおばあちゃんの絡みでは何度も涙してしまったし、アニメーションのクオリティも素晴らしかった。

特に、海。 まるで本物みたいだけど本物よりも綺麗。

皆さんも、モアナ、ぜひ見てくださいね。


参照:"How the Story of "Moana" and Maui Holds Up Against Cultural Truths."






にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

子連れ旅行・航空券の買い時

この間、子連れ旅行特集をしました。
バイリンガルでグローバルな子育てを応援するサイトなので、今後も旅行についてのトピックをたくさん扱っていきたいなと思っています。

今日は、ニューヨークタイムズの記事「Five Ways to Shop for the Best Vacation Package」を紹介します。
主にアメリカからバケーションに行きたい人向けに、パッケージの買い方のコツをいろいろ教授してくれる記事です。



私は長いことアメリカに住んでいるので、記事中の KayakGrouponPricelineExpedia なんかはお馴染みですが、日本の人はどうでしょう?
日本の実家の母が、よく Expedia で航空券を買ってこちらに遊びに来るので、Expedia は日本でそれなりに知名度があるんでしょうね。

Costco のバケーション パッケージは我が家は今まで利用したことがありませんが、いつも宣伝のチラシに載っていますね。
確か、この夏に義両親がアラスカ クルーズに行った時に利用していた気がします。
日本のコストコでもバケーション パッケージはあるんでしょうかね?

ちなみに、私はバケーション パッケージというのはあまり買わずに、航空券・ホテル・レンタカーを別々に買います。
実家の母は、ホテルなどに滞在のときはいつもパッケージで買う派で、最近は楽天を利用しているようです。

記事にもあるように、パッケージには良し悪しがあるようですが、いろいろと調べるのが好きな人なので、きっと別々に買うよりも安く上がるパッケージを選んでいるのだと思います。

私はいつも何気なくチケットを旅行の 1.5 〜 3 ヶ月前に買うんですが、ニューヨークタイムズによると、
Plane tickets are almost always most expensive during what Cheapair.com calls the “Hail Mary” window of 0 to 13 days before a flight, when airfare is $75 to $200 more, on average, than during the “Prime Booking” window of 21 to 112 days out.

だそうです。
旅行の 21 〜 112 日前が「プライム・ブッキング」ウィンドウという、チケットを買うのに最良な期間だそうなので、1 ヶ月 ~ 3 ヶ月半前くらいに買うと良いということですね。

これには、「お、良かった、損してなかったのね!」と嬉しくなりました。
義家族はこちらに遊びに来る時、 4 ヶ月前とかにチケットを買って「来るぞ来るぞ〜」プレッシャーがすごいですが、これは逆に早すぎて損ということですね。

また、旅行の 0 〜 13 日前は「ヘイル・メアリー」期間。
これは、フットボール用語で、負けている時に一か八かのタッチダウンを狙うプレイのことで、要は、神頼みプレイ(成功が難しい)ということです。
おそらく安くは買えない期間です。

記事にはその他、ホテルが課す追加料金、リゾート・フィー(resort fees)についての注意書きなどがありますが、本当にこれ、一体なんなんでしょうね!
大きなホテルほど取られる(しかも、一泊何十ドルも)ので、非常に腹立たしいです。
絶対に取るのなら、パッケージに含まれていないのはおかしいですよね。

最後に、Google Flights の存在は知らなかったので、今後使ってみたいなーと思います。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

母国語を捨てる移民たち・ヒスパニック・インド人

前回の記事で、カリフォルニアの公立校でバイリンガル教育を制限していた法律が廃止され、今後バイリンガル プログラムが増えて行く、と書きました。

一方、バイリンガル プログラムができても、母国語のバイリンガル プログラムに子供を通わせる移民の親は少数かもしれない、という懸念があります。

じゃあ誰が行くかというと、英語しか話さない家庭で育っている地元のアメリカ人。
バイリンガル教育が与える良い影響を期待して、子供をバイリンガルに育てたいアメリカ人です。



では、なぜ移民の親がバイリンガル教育に躊躇するのかというと、子供の英語の遅れ、それに伴う学力の遅れを懸念するからです。

正しいバイリンガル教育を受ければ、英語に遅れが出ることはない上に、子供の学力にも心の成長にとってもプラスになることがわかっていますが、それを知らない親もいるし、単に子供に現地の生活に早く馴染んで欲しいという焦りもあると思います。

私の印象からすると、ヒスパニック系のスペイン語を話す人たちにこう言った傾向が顕著な気がします。
おそらく、自身が英語が話せなく辛い経験をしている人が多いからでしょう。

ヒスパニックに次いで多いアジア人の移民、特に韓国・中国・日本の東アジアからの移民は、母国語の教育に比較的熱心だと思います。

現在住んでいるところは、平均的に住民は高学歴で、バイリンガルのプログラムが多々存在します。

デイケア(保育園)やプリスクール(幼稚園)の見学に行くと、英語・スペイン語のバイリンガル保育だとか、英語・中国語のバイリンガル保育だとか、それを施設の「目玉」として紹介されます。

日本語の施設も多いし、ロシア語の施設もあります。

そんな中で、絶対にないのが、インドの言語(インドは多言語です)の施設。
インドのメジャーな言語はヒンディー語(南インドはタミル語)ですが、この間、公園でインド人のお母さんと話していたら、ヒンディー語の施設は、一つも、本当に一つもないらしいです。



唯一あるのが、近所に住む親たちが運営する週一回のヒンディー語のクラス。
それも、ほとんどの子が途中で行かなくなるそう。

なので、夫婦でヒンディー語を話していても、 2 歳半を過ぎてプリスクールやプレップスクールに通い始めると、子供は英語オンリーになってしまうそうです。

それを、全然意に返さない様子。

ちなみに、ヒスパニック系移民と違って、インドからの移民は平均的に高学歴で英語も上手です。
英語では苦労していないし、自身はバイリンガルなのに、なぜ母国語を子供に継承したいと思わないのでしょうか?

それは、また今度にしたいと思います。








にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年12月1日木曜日

カリフォルニアで規制されていた公立校でのバイリンガル教育が解禁

ニューヨークタイムズの定期購読をするようになったので、バイリンガル教育に関するニュースを読んでいます。

今日紹介したいのは、今年の 10 月に書かれたこの記事:

"Californians, Having Curbed Bilingual Education, May Now Expand It"

ロサンゼルスの公立校にて、韓国語と英語の 2 ヶ国語で授業をする光景を取材しています。
どうやら、公立校でバイリンガル教育が広がっているらしいです。



ん?カリフォルニアって、ヒスパニックはじめ移民が多いし、スペイン語をはじめもともとバイリンガル教育が進んでいるイメージがあったのですが、そうでもないのかな?

と思ったところ、どうやら、カリフォルニアでは、 1998 年に、公立校でのバイリンガル教育を厳しく制限する法律(Proposition 227)ができているんですね。

これは、その移民の多さから、英語を話せない子供が問題化し、英語の習得スピードを速めるために、母国語での教育ではなく英語での教育を強化しよう、という動きがあったためです。

なるほど、外国語としてのスペイン語教育は進んでいても、スペイン語と英語の 2 ヶ国語(バイリンガル)プログラムというのは、法律において、公立校ではダメな状況だったんですね。
イマージョン教育なんて夢の夢ですね。
他の言語にしてもそうです。

それが先月、2016 年 11 月に、Proposition 227 を廃止する Proposition 58 が通ったため、法律による規制がなくなりました。

わーパチパチ!

これからどんどん、公立校でも無料でバイリンガル教育が普通に受けれるようになるといいですね!

日本でバイリンガルの公立校が当たり前になる・・・それはもう、夢のまた夢でしょうか。

「格差」にうるさく、皆が平等でないと気が済まない国民性では、難しいかな〜。





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年11月29日火曜日

アメリカの TV ドラマ「クワンティコ」主演はインド育ちのバイリンガル女優

前回前々回と、「ギルモア・ガールズ」の紹介をしましたが、
今日も、最近見たアメリカの TV ドラマシリーズの紹介をしたいと思います。

というのも、そのドラマの主演女優さんは、英語のネイティブでないにもかかわらず、アメリカ育ちのアメリカ人の役で出演していたのです!

そのドラマは、何気なしに Netflix をブラウジングしていて見つけた、「Quantico」(邦題:クワンティコ / FBIアカデミーの真実)





主役の女優さんがボリウッド(インドの映画界)で有名なプリヤンカ・チョプラということもあり、見てみることに。

ちなみに、日本語表記ではプリヤンカー・チョープラのようですが、インド人が実際に発音しているのを聞いている私としては、その読みは違和感満載です。

彼女は、2000 年にインド代表としてミス・ワールドで優勝しています。
そのネームバリューと美貌&グラマラスなボディーを武器に、その後インドの映画界で超人気となり、アメリカにも進出。

さて、「クワンティコ」。

FBI エージェント養成学校の卒業生(&落第生)の話が、現在と過去(養成学校時代)を行ったり来たりしながら進んで行く、アクション、サスペンス満載の TV ドラマです。

話がいい加減で行き当たりばったりで何でもアリな感じなのは、「24」(邦題:24 -TWENTY FOUR-) を彷彿とさせます。
どこからかジャック・バウアーが踊り出てきそうです。
これはもう、製作者がボリウッド映画ファンなのがバレバレです!

しかし、何と言っても見所は、インド人女性として、初のアメリカ TV ドラマ主演を果たしたプリヤンカー・チョープラ。

セクシーなハスキーボイスで、アメリカ育ちのインド系アメリカ人のFBI エージェントとして、全て英語のセリフで、堂々と主役をはっています。

さて、インド育ちでヒンディー語が母国語の彼女の英語がネイティブ並みなのは、どうしてでしょう?

インドでは全て英語で授業を行う English Medium School に通う子供が多いので、英語ができるのはわかりますが、あのインドの強いアクセントがほとんどありません。

プリヤンカー・チョープラは、13 歳から 3 年間ほどアメリカの親戚宅に住んで現地の学校に通っていた、とウィキペディアには書いてありますが、インドも日本と同じで、アメリカに留学していたというのは「かっこいい」らしく、ネームバリューのためにそのような話になっているだけで、実際は旅行に行った程度かもしれず、真相はわからないようです。

なんでも、インドではアクセントを無くす訓練をする学校が多々あるらしく、コールセンターの人なんかはその訓練を受けている人が多いらしいです。

なので、バリバリのインドのアクセントのコールセンターの人もいれば、全くネイティブと変わらない発音のコールセンターの人もいるらしいです。

どうやら、プリヤンカー・チョープラもこういった発音を無くす訓練を受けたようですね。

ちなみに「クワンティコ」は子供向けのドラマでは全然ありませんが、頑張れば海外在住でもアメリカの TV ドラマでアメリカ育ちのアメリカ人の役ができるというのは、バイリンガルを育てる親としてはとても心強いと思います。

英語圏で活躍する非英語圏の女優さん。
応援してあげてください!





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年11月28日月曜日

「ギルモア・ガールズ」のトリビア

前回、「ギルモア・ガールズ」のリバイバルGilmore Girls: A Year in the Life」のレビューを書きました。

今回は、バイリンGuru が独断と偏見で選んだ、ギルモア・ガールズのトリビアについて書きたいと思います。

注: ここより下、ネタバレ注意!





ローレライを演じる女優・ローレン・グレアムは大の日本好き


ローレン・グレアムは、大の日本好きとして知られています。
それもそのはず、彼女の御父母が宣教師として日本に渡ったことから、ローレン・グレアムの母親は日本語がペラペラ、そして、自身も赤ちゃん期を日本で過ごしたことがあるらしいです。

そのため、日本に親しみがあり、日本食も大好きのようですよ〜

参照:「Lauren Graham’s Taste of Tokyo」 by ニューヨークタイムズ

「Parenthood」の共演者たちのカメオ出演


ローレライ役のローレン・グレアムは、ギルモア・ガールズの後、「Parenthood」という人気 TV シリーズに出ていました。

ローレン・グレアムの旦那さんは、「Parentohood」で兄弟として共演したピーター・クラウス
ピーター・クラウスは、「Six Feet Under」でもお馴染みの俳優さんです。

今回の「Gilmore Girls: A Year in the Life」では、ピーター・クラウスはパーク・レンジャーとしてちらっと出演しています。

そして、彼の他にも数名の「Parenthood」の共演者が、「Gilmore Girls: A Year in the Life」にカメオ出演しています。

まず、「Parenthood」でローレン・グレアムが演じていたシングルマザー・サラの娘役・アンバーを演じたメイ・ホイットマン
彼女は、NY の街中でローレライとの短い絡みがあります。

そして、サラの婚約者であるマークを演じるジェイソン・リッターも、パーク・レンジャー役として出ています。

ローリーとジェスが実生活で過去に熱愛


ローリー役のアレクシス・ブレデルとジェス役のマイロ・ヴィンティミリアは、ギルモア・ガールズの収録中、4年ほどにわたり交際していました。

アレクシス・ブレデルは現在、「マッドメン」で共演したヴィンセント・カーシーザーと結婚していて、2015 年の秋に赤ちゃんが生まれています。
妊娠しているようにも出産直後にも見えないので、収録はいつしたんでしょう・・・?

レーンは実生活では韓国人ではなくて日本人


ローリーの親友・レーンを演じるケイコ・アジェナは、ハワイ出身の日系アメリカ人です。
アジア人は若く見えるんでしょうね、シリーズが始まった時彼女は 27 歳でしたが、ローリーの親友ということで 16 歳の高校生を演じていました。

ということは、今回は 43 歳で 32 歳を演じたということ。
あのおばちゃん落ち着きぶりは、やはり年齢でしたか!






にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

母娘で見たいアメリカ TV ドラマ「ギルモア・ガールズ」が戻って来た!

先週のサンクスギビングの次の日(金曜日)に、「Gilmore Girls」(ギルモア・ガールズ)の続編が、「Gilmore Girls: A Year in the Life」として Netflix でリリースされました。

「ギルモア・ガールズ」は、シングルマザーとして娘を育てるローレライと、娘のローリーが主役のアメリカの TV ドラマで、2000 年から 2007 年まで 7 シーズンにわたり放映されていました。

コネチカット州の架空の小さな街・スターズ・ホローが舞台で、その街に住むローレライとローリーの友人たち、恋人たち、そしてローレライの大金持ちの両親を中心に、家族愛、友情、恋愛、(ローリーの)教育、(ローレライの)仕事など、いろんなテーマを扱っています。

全体的にとてもテンポが良く、ローレライとローリーの会話が特に早口で、ポップカルチャーの話題をふんだんに扱っていることで有名です。

人気ドラマにもかかわらず、 シーズン 1 〜 6 まで担当したプロデューサーと TV 会社が仲違いをしてしまったようで、最後のシーズンになってプロデューサーが解雇され、あまりよくわからないうちに、多くのファンに惜しまれてパタパタと終わってしまいました。

 「Gilmore Girls: A Year in the Life」は、その解雇されたプロデューサーと Netflix がタッグを組んで 9 年振りに蘇りました。





ギルモア・ガールズが戻ってくるというアナウンスがされた時も大きなニュースになっていたし、リリース前後にはニューヨークタイムズワシントンポストでもレビューが出るほど、アメリカ中が待っていたようです。

私の大学院時代の教授(60 代カナダ人女性)も Facebook で大はしゃぎをしていました(笑)

注意: ここからネタバレです。




2000 年に「ギルモア・ガールズ」のシーズン 1 が始まった時、ローレライは 32 歳、ローリーは 16 歳という設定でした。
「Gilmore Girls: A Year in the Life」は、ローリーが 32 歳という設定で、シリーズが始まった時のローレライと同年齢です。

シーズン 7 の最後にイェール大学を卒業し、同時に御曹司の恋人ローガンからのプロポーズを断ってシングル ガールズとしてジャーナリストとしてのキャリアを築くローリーですが、32 歳になって、恋でも仕事でもつまずいてしまいます。

ローレライは、くっついたり離れたりしていた、行きつけのカフェのオーナー・ルークと既に同棲しているという設定です。

お馴染みのキャラクターが勢ぞろいで、計 4 エピソードだけですが、ギュッと凝縮されています。
(1 エピソードが 1 つの季節をカバーしています。冬・春・夏・秋の順に 4 エピソードです。)

唯一戻ってこれなかったのは、ローレライの父親(ローリーの祖父)・リチャード。
リチャードの役を演じていた俳優さんは、2014 年に亡くなっています。残念ですね。

ローレライの友人でビジネス・パートナーのスーキーを演じるコメディアンのメリッサ・マッカーシーは、ここ数年でかなりの有名人になってしまったので、最後のエピソードまで出てきませんでしたが、多忙な中、戻ってきてくれただけでもすごいな〜と。

ローリーの元彼は全員登場!特に、ローガンとは、お互いに恋人がいるにもかかわらず、まだ関係を持っているという設定。

ジェスを演じたマイロ・ヴィンティミリアは、ギルモア・ガールズ後に「ヒーローズ」のピーター・ペトレリ役でブレイクしましたが、顔出し程度ではなく、ちゃんと戻って来ていました。(今後、続編があるとしたら・・・期待!)

ローリーの初恋・ディーンとは、ディーンが働いていたスーパーでばったり会うという!
ディーンは再婚して子供が 3 人いて、奥さんが 4 人目を妊娠中。
ディーンはそれほど劣化していなくて、視聴者の夢を壊さず、ホッ!

最後のシーンで、ルークと結婚したばかりのローレライに、ローリーが爆弾発言をします。(ネットでは、「last four words」として話題になっています)

ローリー: “Mom?”
ローレライ:“Yeah?”
ローリー: “I’m pregnant.”

そう、ローリーは、妊娠してしまったのです!
それも、推測するに、ローガンの子供。
16 歳でお金持ちの御曹司の子供を妊娠してしまい、シングルマザーになったローレライとかぶりますね。

ネット上では、最後の方でジェスがローリーを見る眼差しからすると、ローレライにとってのルークの役割を、ジェスが今後ローリーのためにしていくのでは、という噂です。

「ギルモア・ガールズ」は、小さい子向けのドラマではないですが、お年頃の娘さんのいるお母さんなら、母娘で一緒に見ると楽しいと思います!

日本のネットフリックスでも、日本語吹き替え or 日本語字幕で観れるようです。





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年11月26日土曜日

車内で親子でできる記憶力ゲーム「The Picnic Game」


今週は、移動中の車内でもできる推理ゲーム「I Spy」と「20 Questions」の2つを紹介しました。

今日は、記憶力が問われる「The Picnic Game」というゲームを紹介します。



まず、はじめの人が


I'm going on a picnic, and I'm taking apples.
私はリンゴを持ってピクニックに行きます。


というように、「A」で始まる単語の物をピクニックに持って行く、という文章を声に出して言います。
例文ではリンゴを使っていますが、「A」で始まる物なら何でもいいです。

次のメンバーは、

I'm going on a picnic, and I'm taking apples and bananas.
私はリンゴとバナナを持ってピクニックに行きます。 

という風に、先ほどの「A」で始まる単語の物に加えて、「B」で始まる単語の物も持って行く、と言います。


その後は、想像がつきますね。
各メンバーが一人ずつ順番に、「A」から「 Z」 までの単語の物を足して行きます。

文法上の注意です。持ち物が3つ以上の時は、and は最後にだけ付けます。

I'm going on a picnic, and I'm taking apples, bananas, and cranberries.

また、例文中の単語は複数形にしましたが、an apple など、単数形でも良いですよ〜


追記:こちらの記事はバイリンGuru の「英語のゲーム」に移動しました。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年11月24日木曜日

車内でできる、もの当てゲーム「20 Questions」

今日はアメリカはサンクスギビングですね。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

前回、「I Spy」という推理ゲームについて書きました。

今日は、同じく車内でできる「20 Questions」(20 の質問)という、もの当てゲームを紹介したいと思います。



まず、メンバーの一人(出題者)が、何か一つのもの(一単語で表現できるものなら何でもいいです)を頭の中で選びます。

それが何かを、他のメンバー(回答者)が推理するゲームです。

回答者たちは、推理する手助けになる質問を合計 20 問までできます。
なので、ゲーム名が「20 Questions」です。

一番初めの質問は必ず、

Animal, vegetable or mineral?(動物ですか、植物ですか、それとも無機質ですか)

です。
この後の質問は推理するメンバーが一人一人順番に考えなければいけませんが、
ルールとして、「Yes」か「No」で答えられる質問でなければいけません

例えば、最初の質問で動物だとわかっているなら、

Does it bark?(それは吠えますか?)

とか、もし植物なら、

Can you peel it?(それは剥けますか?)

とかです。

この質問と回答を繰り返しているうち、答えがわかったら、自分の順番が回ってきた時に、

Is it a dog?(それは犬ですか?)

と言う風に、出題者が選んだであろうものを言い、答えが Yes なら、この質問をした回答者が勝ちです。

20 問の質問を終えても誰も正解しなかった場合、一人一回、当てずっぽうでも良いので最後の質問ができます。

それでも正解がない場合は、出題者が勝ちです。




参照:Top 10 Road Trip Games by Edmunds.com

追記:こちらの記事はバイリンGuru の「英語のゲーム」に移動しました。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年11月23日水曜日

マルチリンガルなフィンランドの子供たち

先日、日本で公立校の教師をしている高校時代の知り合いが、Facebook でフィンランドの教育についての動画をシェアしていました。
(最近話題になっていたのでご存知かと思われますが、フィンランドの学力は世界一です。)

その中で、アポなし突撃形式のドキュメンタリー映画で有名なマイケル ムーア監督の「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」(原題:"Where to Invade Next")の映像が入っていて興味深かったので、早速、YouTube で動画を探してみました。

こちらは、「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」の本編映像の一部です:

 


フィンランド人にマルチリンガルが多いのは、地理的にヨーロッパの他の国と地続きなのが大きく影響していると思います。

スウェーデン語とフィンランド語のバイリンガルなんかは、お隣さん同士でもろにそうですよね。
そして、2ヶ国語できるなら、もう 1 ヶ国語、2ヶ国語も全然苦じゃないんでしょうね。

特に、フィンランド語はマイナーなので、「メジャーな英語やスペイン語も学ぼう。そうだ、ヨーロッパ内ではドイツ語とフランス語も重要だぞ。よし、それも学ぼう」となっていくのではないでしょうか。

ヨーロッパではバイリンガル・マルチリンガルになる環境が整っていて、かつ、それが「当たり前」のことである、というのは羨ましい限りです。

インドなど、一つの国に沢山の言語がある国も同じで、彼らの学力が高いのも、バイリンガル・マルチリンガルであることが影響しているのかもしれません。

日本は島国でモノリンガルなので、その辺が難しいですね。

それにしても、この映像の生徒達、ここまで英語が上手なのにはびっくりしますね。
そして、きちんと自分の意見を言えています。

日本人の生徒を集めて、こうやってマイケル・ムーアを囲んでこのような会話が英語でできるか、と言われれば、うーん・・・。
きっとインターナショナル・スクールの生徒以外は出来ないのでは。

この映像を見る限り、地理的なこと以外にも、フィンランドの教育システム自体にも、バイリンガル・マルチリンガルが多い秘密が隠されている感じです。

「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」ですが、是非、英語オリジナル版「Where to Invade Next」を見てみたいです!

Amazon Instant Video で借りるか買うかして見ることができるみたいなので、このホリデーシーズンに時間ができたら見て、こちらでレビューを書きますね。







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

子供向け英語の推理ゲーム「I Spy」

今週はサンクスギビングなので、アメリカは帰省する人で空港や道路が混雑します。

飛行機で帰省する人も多いですが、アメリカのフリーウェイ(高速道路)は無料なので、3 時間〜5 時間くらいの距離なら、平気でドライブする人が多いですね。

では、その間、子供達はどうやって過ごすのでしょう?

ずっと後部座席で TV を見ている子も多いかもしれませんが、日本の「しりとり」のように、親子や兄弟で楽しめるゲームをするご家族もいると思います。

今日は、そのうちの一つ、「I Spy」(アイ スパイ)という推理ゲームを紹介します。

これは、ゲームに参加しているメンバーのうちの一人(スパイ)が、全員の視界にある物を一つ選び、それに関するヒントを「I spy with my little eye ...」という文章の中に入れ読み上げ、他のメンバーがそれが何かを当てる、というものです。



「spy」は「スパイする、見つけ出す、見つける、探し出す」という意味で、「I spy with my little eye ...」は直訳すると「私の小さな目で見つけ出す」というような意味ですが、この場合は正確な意味は重要ではなく、決まり文句のような感じです。

例えば、

I spy with my little eye something beginning with "A".

なら、「私が見つけた『A』で始まる単語のもの、なーんだ」という感じ。

他のメンバーは、「Apple」「Animal」など、視界の中にある「A」で始まる単語の物を見つけ出し、それを声に出し、当たりかどうかをスパイと確認します。

I spy with my little eye something pink.

なら、「私が見つけたピンク色のもの、なーんだ」という感じ。


ちなみに、文法にうるさい日本人としては、

I spy with my little eye something pink.

よりも、

I spy something, and it's pink.

という文章の方がわかりやすいかもしれません。
これも「I Spy」ゲームのバリエーションの一つです。

一つ注意です。
このゲームは、運転手さんは抜きでしましょう。
推理に一生懸命で脇見運転をし、事故につながっては大変ですから。

それでは、Have a safe trip back home!



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年11月22日火曜日

アメリカの盛大なサンクスギビング(感謝祭)

おそらく、アメリカで一番大事な祝日がサンクスギビング(感謝祭)です。

イギリスからアメリカに移住したピルグリム(清教徒)が、厳しい自然との格闘の末、原住民のアメリカ インディアンから助けてもらい最初の収穫を得ることができたことを感謝しお祝いするため、両者が一緒に食卓を囲んだことを記念する行事と言われています。

外国人の私からすると、丸ごとのターキー(七面鳥)を食べる日、という印象です。




アメリカのサンクスギビングは、11月の第4木曜日です。
したがって、今年は今週の木曜です。
ちなみに、カナダにもサンクスギビングがあり、10月の第2月曜日です。

普通にお勤めをしている人は、サンクスギビング当日〜日曜日まで、4連休の人が多く、その期間は全米中が帰省ラッシュです。
日本のお正月・お盆休みのようです。

サンクスギビングからクリスマスにかけての期間は、ホリデーシーズンと呼ばれます。

クリスマス商戦やクリスマスのデコレーションは、年々早くなる傾向があり、サンクスギビングが終わった直後に始まるのが普通でしたが、最近はハロウィンが終わるやいなやという感じです。
そのため、サンクスギビングの日にクリスマスツリーが既にあるお宅も多いのではと思います。

アメリカ人にとって、とても思い入れの強いこの祝日。 

まず、サンクスギビングに関連する単語をご紹介します。 

サンクスギビングは家族や親しい友人と囲むディナーが一番のイベントであるため、
食べ物に関する単語が多いです。
  • turkey - 七面鳥 
  • pumpkin - かぼちゃ 
  • cranberry - クランベリー 
  • corn - トウモロコシ 
  • harvest - 収穫 
  • stuffing - 詰め物 
  • apples - りんご 
  • family - 家族 
  • gravy - 肉汁、グレービー 
  • fall leaves - 秋の葉っぱ(複数形) 
  • November - 11月 
  • feast - ご馳走 
  • mashed potatoes - マッシュポテト  
  • eggnog - エッグノッグ(主に牛乳で作る甘い飲み物)
どうですか?やはり、食べ物に関するものがほとんどですね。 
というのも、サンクスギビングで出される料理は、どの家庭もほとんど同じだからです。
そしてどのお料理も日本人の感覚的にあまり美味しいものではありません。 




「定番」とも言われる料理には、下記のようなものがあります(上記とかぶります)。
  • roast turkey - 七面鳥のロースト 
  • oyster stew - カキのシチュー 
  • cranberry sauce - クランベリー ソース 
  • giblet gravy - 臓物の肉汁(グレービー) 
  • stuffing - 詰め物 
  • winter squash - 黄色やオレンジ色で秋に熟すウリ科の様々な果実  
  • sweet potatoes - サツマイモ 
  • mashed potatoes - マッシュポテト 
  • apple pie - アップル パイ 
  • pumpkin pie - パンプキン パイ 
  • pecan pie - ピーカン パイ  
それにしても、サンクスギビングとクリスマスという2大ホリデーが、あいだを1ヶ月開けずにあるとは、大胆なアメリカ!
お盆休みとお正月がいっぺんに来る感じですよね。 

まわりのアメリカ人は、シングルの人はほぼ全員、サンクスギビングもクリスマスも両方、実家へ帰省しています。

結婚されている方は、サンクスギビングを片方の実家、クリスマスをもう片方の実家、という風に分けているようです。

ちなみに、片方がアメリカ人以外の国際結婚組だと、両方のホリデーを片方の実家で過ごすことが多いため、夫婦喧嘩のシーズンでもあるようです。

アメリカは広いため、帰省に飛行機を使うことが多く、ピークシーズンに2度も飛行機に乗ると、家族のバケーションの予算が残らない、というご家庭も多いようです。

それでも、毎年来るサンクスギビング。

最近のトレンドでは、フレンズギビング(Friendsgiving)と名前をもじって、友人同士でサンクスギビングをお祝いするパーティーもあります。

フレンズギビングのパーティーは、何らかの理由で実家に帰省できない人同士で当日に行うこともありますが、ほとんどの場合、一つ前の週末に行って、サンクスギビングは別途、家族と祝う、というパターンです。

アメリカらしいサンクスギビング&フレンズギビング、ぜひご家庭で楽しんでくださいね。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年11月21日月曜日

海外在住の日本人がジャパン レール パス(JR パス)を使用できなくなる

海外にお住いの方なら、Japan Rail Pass (ジャパン レール パス)を一度は使ったことがあるか、使ったことがなくても聞いたことはあると思います。

これは、外国人及び、外国在住の日本人などが購入できる、JR 乗り放題のパスです。(新幹線もOK ですが、のぞみは乗れないなどの規制があります)



私も以前、夫と2人で1週間のジャパン・レール・パスを使用して、名古屋を拠点にあちこち新幹線で旅行しました。

当時、1週間のパスの料金は 2 万 5000 円ほどだったので、東京・名古屋間の往復だけで元を取れた感じです。

もちろん東京だけでなく、京都、宮島、箱根なんかにも行き、大満足!

ところが・・・・!

前回のブログにもちらっと書きましたが、来年 4 月から、海外在住の日本人はジャパン・レール・パスの購入ができなくなるそうです。

以下、JR グループのプレスリリースからの引用です:
「ジャパン・レール・パス」のご利用資格の一部変更について これまで一定の条件を満たす場合に限り特例として取り扱ってきた海外在住の日本人の方 への発売につきましては、平成 29 年3月 31 日の引換証発売(日本国内での引換は平成 29 年 6月 30 日まで)をもって終了いたします。

詳しくは、こちらの PDF をご覧ください。

現在、これに反対する海外在住の日本人を中心に、嘆願する署名活動が行なわれているようです。

外国人と結婚しているアメリカ在住の友人は、今まで一家で利用していたのに自分だけが利用できなくなるのが悲しい、と言っています。

また、海外在住の日本人が、現地の外国人のお友達を日本に連れて行って一緒に観光を楽しむ、ということができなくなります。

国際交流という点から言うと、非常に痛い!

ところで、肝心な疑問。

なんで海外の日本人が使用できなくなってしまうんでしょうか?
元が取れないから?
そう思って調べてみたら、こちらのページによくまとまっていてわかりやすかったです。

でもね〜〜〜

JR さん、お願いしますよー!








にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

子連れ旅行・飛行機の座席の選び方

今週も引き続き、バイリンガル子育てに欠かせない、子連れ旅行についての特集の続きです。

もういいよ!という方、すみません・・・。
実は、この特集をサイトとして切り離して、バイリンGuru の姉妹サイトみたいな感じにしようかなと思っていて、このブログを実験的に使っています。

さて、今日のテーマは、飛行機の座席の選び方です。



国内線で 2 時間程度のフライトなら、どの座席でもおそらくそれほど変わらないと思いますが、国際線の長時間のフライトでは、どの座席を取るかで快適度が全然違います。

以下、左右3席ずつ、中央4席の大きな飛行機に乗る際の座席の選び方を、お子さんの成長に合わせて説明したいと思います!

体重が 22 パウンド (10 キロ) 以下の場合

バシネット(飛行機内に取り付けできる乳児用の簡易ベッド)を貸してもらえるので、中央 4 席並びの一番前の列の席が良いでしょう。

これらの席は、目の前に席ではなく壁があると思います。そこに、バシネットを引っ掛けるフックが付いています。

難点は、気流の悪いところを飛んでいて、シートベルトのサインが出ている時は、赤ちゃんが寝ていてもバシネットから出して大人の膝の上に乗せなくてはいけないところです。

これが何度もあると、赤ちゃんを何度も起こしてしまうことになるので、眠りの浅い赤ちゃんにはおすすめでないかもしれません。

ちなみに、この席は、エアラインによっては電話をして特別にリクエストしなければいけなかったり、当日に空港のカウンターに行ってリクエストした早い者勝ちだったり、追加料金を払わないといけなかったりします。

各エアラインと確認してくださいね!

2 歳未満で、体重が 10 キロ以上の場合

バシネットは使えないですが、2歳未満なのでまだ無料で飛ぶことができます。(大人の膝に乗せることが条件です。料金を払えば、席を別途確保することもできます。)

この場合でも、目の前に席のない一番前の列の席だと、空間的に余裕があるのでオススメです。

難点は、離着陸時に手荷物を前の席の下に入れることができないので、上に収納する必要があることです。

この場合、子供のおもちゃやお菓子などは、席に着く前に手荷物から出して、席の目の前の壁に付いているポケットに入れておくと良いです。

2 歳以上

2 歳以上の場合は、席を確保する必要があるため、それほど空間的には余裕がなくても大丈夫なので、基本、どこでも良いです。

2 歳未満のお子さん連れには、目の前に席のない中央 4 席並びの一番前の列の席を今までオススメしてきましたが、2 歳以上にオススメしない理由はズバリ、TV 画面です。

目の前に席のない中央 4 席並びの一番前の列の席は、TV 画面が座席の肘掛の下にあるため、いちいち出し入れをしなければいけません。
トレイに関しても同じことが言えます。

2 歳くらいになると、TV を見てかなりの時間大人しくしててくれるので、前の座席に TV 画面が埋め込まれている席を断然オススメします。(前の席を蹴るお子さんにはご注意を!)

以上の理由から最前列はオススメしませんが、なるべく入り口に近い前方の席を選ぶと飛行機の乗り降りが簡単です。

子供と荷物を抱えながら、飛行機の最後列まで行くのは大変です。

また、子供が退屈した時にウロウロしやすいよう、通路側の席を予約するといいです。






最後に。
ベビーフードやキッズミールは大抵のエアラインが用意していると思いますが、事前に申し込んでおく必要があるようです。

席の予約時にオンラインでできるところもあれば、予約後に電話をする必要があるところもあるので、各エアラインと確認してくださいね。









にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年11月20日日曜日

子連れ旅行・旅の目標編

ここのところ、(途中で全然関係ないピコ太郎の話題も入りましたが 笑)子連れ旅行特集をしてきました。

なんの目的もなく旅行に出るだけでも、子供にとっては貴重な経験になると思いますが、「子供が成人する前に〇〇を制覇」など、何らかの目標を決めると旅が一層楽しくなりますよ。

例えば・・・

日本全国・47 都道府県を制覇


日本に住んでいると、東は東京、西は大阪までしか行ったことがない(北海道と沖縄除く)、という人が多いと思います。

全都道府県を制覇するという目標があれば、あちこちマイナーな場所に行くのも楽しくなると思います。

私は、子供が 18 歳になる前に、全都道府県制覇を一緒にしたいと思っています。
アメリカ在住なので、帰省中しかチャンスがありませんが、今の所、頑張ってます!
(残念ながら、Japan Rail Pass は来年 2017 年 4 月から海外在住の日本人は購入できなくなるそうです。引き換えは同年 6 月 30 日まで可。JR のプレスリリースの PDF はこちら。)

その土地の匂いや雰囲気や食文化など、お子さんに実際に肌で感じてもらえるといいですね。

地震や津波など、被災した場所を訪れて現地の復興に貢献するのも良いですね!


アメリカ・50 州を制覇


これは、アメリカでなくても住んでいる国や好きな国で良いと思います。
(カナダなら、10 州(と3つのテリトリー)しかないので楽です!)

全 50 州はきついと思いますが、アムトラックや車を駆使すれば無理ではないと思います。
主要な都市が集まる西海岸、東海岸に限定するなどしても良いと思います。


世界 6 大陸を制覇



世界には、ユーラシア(ヨーロッパ、アジア)、北アメリカ、南アメリカ、アフリカ、オーストラリア、南極の6大陸があります。

さすがに南極は無理なので、ユーラシアのヨーロッパとアジアを切り離して考えて、

ヨーロッパ
アジア
北アメリカ
南アメリカ
アフリカ
オーストラリア

の6カ所を制覇するなんてのはどうでしょう?

かなり旅費はかかりそうですが、よりグローバルな視点を育てることができそうですね!

世界遺産巡り




オススメの世界遺産のランキングがあちこちのサイトに掲載されているので、それを参考に自分や家族の中でのランキングを決めて、一位から順に旅行をしてみるなんてのはどうでしょうか?

地理だけでなく歴史の勉強にもなるし、一石二鳥です!

参照: 世界の絶景画像!おすすめ人気世界遺産ランキング一覧



世界 5 大テーマパークを制覇


世界のテーマパークランキングによると、アメリカ・フロリダのマジックキングダムを筆頭に、ディズニーのテーマパークが人気の模様。

上位五位のうち、3つ(東京ディズニー・ディズニーシー・USJ)は日本国内にあるので、制覇するのは意外と簡単かも!?






家の壁に世界地図や日本地図を貼って、行った場所を塗りつぶしたり、ピンを刺したりすると、お子さんのワクワク感が高まり、世界が一層広がると思います。

ぜひ、試してみてくださいね!







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年11月18日金曜日

セサミ ストリートがピコ太郎の PPAP のパロディ、CBCC をリリース

子連れ旅行連載中ですが、少し一息して、違う話題です。

実は、私は2週間ほど前まで知らなかったピコ太郎の「PPAP」。

実家の母が、「世界中で人気」と言って動画のリンクを送ってくれたんですが、Facebook でも Twitter でも、私の仲間内や、フォローしている中では話題にはなっていませんでした。

見てみたら、おそらく「面白い面白い」と何度も言われて期待が大きかっただけに、自分にとっては、「そんなに面白いかな?」という残念な結果になってしまったのだけど、それ以来、ピコ太郎のニュースが目につくように(それでもやっぱり日本のメディアだけかな〜)。

今日は、「PPAP」のセサミストリート版パロディ・「CBCC」(Cookie-Butter-Choco-Cookie)をニュースで見たので、早速 YouTube で見ました。





なるほど〜、これは、英語の単語の勉強に最適ですね(!?)

ちなみに、ピコ太郎の PPAP を知らなかった人は、下の動画をどうぞ。

PSY(サイ)の「江南スタイル」には、やはり知名度でも面白さでも負けますね。
あれは本当にアメリカで大旋風を巻き起こしました。
それにしても、変な格好したアジア人のオッさんばかりがウケますね。。。





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年11月17日木曜日

子連れ旅行・滞在スタイル

子連れ旅行特集の続きです。

前回は、子連れ旅行に最適な目的地について書きましたが、今回は目的地での滞在スタイルについて書きたいと思います。

いちばん楽で簡単で安く済むのは、実家や親戚・友人宅に滞在することです。
でも、人に気を使うのが嫌な人もいると思いますし、相手の事情もあると思うので、今回はそれ以外のオプションを見てみることにします。


コンドミニアム・Airbnb



個人が所有するコンドミニアム(マンション)の一室を借りれば、キッチンが付いてくるため、自分たちで料理することができます。

食費を安く抑えることができるし、外食ばかりの不健康な生活をしなくて良いため、子連れには安心です。
まだ離乳食を食べているお子さんと旅行中は、旅行中に既製品の離乳食ばかり与えずに済むので、特に便利だと思います。

より日常に近い生活になるため、子供達の生活リズムも崩れずに済みます。

難点は、ホテルなどと違って、トイレが詰まったなど何かトラブルがあった時に対応してくれる人が 24 時間体制でいない場合があることです。

ホテルでもキッチンやキッチネット(簡易台所)が付いている部屋がある場合があるので、確認してくださいね。
キッチネットでも、大きな冷蔵庫が付いていたりすると便利です。


リゾートホテル


子連れ家族が多いリゾートホテルなら、多少うるさくしても誰も気にしないですし、ホテル独自の家族向けツアーや子供用アクティビティが用意されている可能性があるので、オススメです。

難点は、リゾートホテルの周りにはスーパーやコンビニなどのお店がない場合があるので、忘れてきたり足りなくなったオムツや子供用品を買いに行く場所がなかったり、ホテル内の割高なコンビニで買わざるをえなくなります。

たとえキッチンがなくても、余った離乳食や牛乳などを入れておける冷蔵庫が付いていると便利です。

旅館



日本国内を旅行の場合は、部屋食付きで旅館に泊まると、食事の時に色々と周りに気を使う心配がありません。

子供が先に食事を済ませてしまった場合でも、TV を見せたりおもちゃ等で遊んでもらえるので楽です。

温泉旅館の場合は、部屋に露天風呂が付いているとなお良いです。

ビジネスホテル


ビジネスホテルは大抵交通の便の良いところや繁華街に近いところにあり、素泊まりであることが多いので、食事を好きな場所で済ませることができるのが利点です。(食事を他で確保しなければいけないのは難点でもあると思いますが。)

食事中、大人しくできない子供と旅行中の場合、ホテルの決まった場所で他の宿泊客と一緒に食事をするのは難しいと思います。
また、時間帯も決まっているので、それに合わせるのも難しいかもしれません。

そのため、ビジネスホテルなら、ホテルは泊まるだけで、どこかキッズ フレンドリーな場所で食事を済ませたり、お店からテイクアウトして室内で食べるということもできます。

そういった意味で、いちばんおすすめでないのは、ペンション(B & B)での滞在です。

食事中に子供がじっとしていられなかったり、ホテルなどに比べると比較的狭い建物で廊下を走り回るようだと、他の宿泊客に非常に迷惑になるので、ペンションはお勧めしません。






にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

子連れ旅行・目的地編

子連れ旅行・持ち物編
子連れ旅行・乳幼児持ち物編」に続き、
今週の子連れ旅行特集の続きです。

子連れ旅行は疲れるけど、子供の世界が広がる」の記事で説明した通り、子連れ旅行は疲れます。
ハイ、それは事実です。

実家が遠かったり、海外だったり、旅行感覚で行ける帰省先がある場合は比較的楽ですよね。
行くまでが大変なだけで、着いてしまえば安心。
一家で泊まらせてもらえるような、親しい友人宅にしても同じことが言えます。

一方、実家でもなく友人宅でもない場所に行く時は、目的地がベビー&キッズ フレンドリーだと、旅がぐっと楽になります。

キッズ フレンドリーな場所とはどんなところか、考えてみたいと思います。

リゾート地



例えばハワイや沖縄など、大型ホテルがたくさんあり、家族連れで賑わうリゾート地に行けば、子供のアクティビティも沢山あるし、子供が騒いでも気になりません。

プールで1日中遊ぶも良し、ビーチで砂遊びをするも良し、ウォータースポーツをするも良し、デイケア設備のあるホテルなら子供を預けて夫婦だけで出かけても良しで、申し分ないです。

ツアーなども子供参加型のものが各種用意されていると思います。

都会



中都市〜大都市では、公共の施設が整っているため、キッズ ミュージアム、大型遊具のある公園、科学館などの施設がたくさんあります。
遊園地やテーマパークも多いので、毎日飽きることがありません。

子供はある程度の年齢にならないと、観光を楽しいと感じない子がほとんどだと思うので(遺跡や大聖堂に興味のある幼稚園児は少ないですよね)、午前中は観光、午後は子供用の施設にするなど、バランスよくスケジュールを組むと、親子で楽しめると思います。

また、都会にはコンビニやスーパーがあちこちにあるので、何か忘れ物があってもすぐに買いに行けるし、足りなくなったものはすぐに買い足せるので便利です。

東アジア以外のアジア圏



東南アジア・南アジア、そして中近東の人は、大の子供好き!

そのため、どこに行っても子供大歓迎で、レストランでウェイターさんが子供の相手をしてくれたり、飛行機や観光バスなどで子供が泣いても誰も気にしないどころか、逆に子供をあやしてくれます。

また、これは挑戦するかは人によるかと思いますが、例えば公共の場や屋外でオムツを替えても全く違和感がないので、わざわざおむつ替え台のあるお手洗いを探す必要がありません。

子供が0歳の時にアラブ首長国連邦のドバイとインドに行った時に、人の温かさと寛容さを沢山感じました。

「人に迷惑をかけないように」という緊張がないので、リラックスして観光ができます。









にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年11月16日水曜日

子連れ旅行・乳幼児持ち物編

子連れ旅行特集の続きです。

前回、「子連れ旅行・持ち物編」で、子連れ旅行に必須・便利な持ち物を挙げましたが、乳幼児の場合は、持ち物の内容が少し変わります。
そして、全体的に少し増えます。主に、オムツのせいです。

でも、その分、乳幼児の服やおもちゃなどは小さくて重さにするとほとんどないに等しいので、人によってはそれほどでもないかもしれませんね。






オムツとお尻ふき

現地で確実に調達できる場合を除いて、いつも使っているオムツとお尻ふきを多めに滞在日数分持っていくことをお勧めします。

以前、日本に帰省前、日本のアマゾンを使って実家にオムツを送っておいたことがありますが、いつも使用しているものと少し違って違和感がありました。

また、サイズも違うので「どのサイズならいいんだろう!?うちの子、この間の検診では 15 パウンドだったけど、何キロなんだろう?」とお店で迷うよりも、あらかじめ持って行った方が楽です。

スーツケースのスペースを取られますが、その分、お土産を買って帰るつもりで。

離乳食

自分たちまたは家族が現地で食事を作るのか作らないのかにもよりますが、飛行機などでの時間も考えて幾つかは持って行った方が良いと思います。

ビブ(よだれかけ)

布のビブの場合、洗濯できない場合は大量に持って行かないといけなくなります。
使い捨てのものが売られていますので、それを買って持っていくと便利です。

食事の時だけ必要な場合は、普段使っている、洗面所で洗えるタイプのものを持ち歩くというのも手です。

プラスチックや使い捨ての紙食器

レストランなどで、お子さん用にお皿を別途頼めますが、子供用のお皿のないレストランでお子さんが手でお皿を払いのけて割ってしまう心配があれば、普段使っているプラスチックのお皿や、使い捨ての紙のお皿を持っていくと便利です。

スプーンやフォークも忘れずに。

小さな毛布

移動中に寝てしまった時、滞在先に大きなお布団しかない時、どこでも大活躍です。

子供用使い捨てお手拭き

食事前、顔や手がベトベトになった時、飲み物や食べ物をこぼした時など、どこでも使えます。
お尻ふきでも代用できますが、オムツ台を拭いて綺麗にするのにも使えます。

シャンプー・ボディーソープ・ローション

小さい子の肌は敏感なので、普段使っているスキンケア用品を持っていくことをお勧めします。

日焼け止め

忘れて行った場合、大きい子なら大人の日焼け止めを数日代用できるかもしれませんが、肌が敏感な小さい子にはお勧めできないので、普段使っている日焼け止めを忘れずに。

現地のドラッグストアでは、小さい子に安心な日焼け止めが見つからない可能性が大です。

ベビーキャリア

ストローラー(ベビーカー)を持っていくか持っていかないかについては、ご家族によると思いますが、ベビーキャリアは(普段の生活ではすでに卒業してしまっていても)絶対に持って行った方が良いと思います。

飛行機の中での寝かしつけや、空港での移動中に特に役立ちます。

飛行機で寝かせる時、普段のようにベッドで寝かせられないので、キャリアに入れてウロウロしたり同じ場所でリズムをとるなどすると、すぐ寝てくれて便利です。

普段からキャリアで寝かす訓練をしておくと、なお楽です。
キャリアで寝てくれるか寝てくれないかは、旅の快適さに大きな差が出ます。

光や音が気になる場合は、毛布や布を被せたり、その状態でトイレに籠ってしまうのも手です。












にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年11月15日火曜日

子連れ旅行・持ち物編

前回に引き続き、今週は、子連れ旅行特集です。

私は自分の子供が 1 歳になる前から、ドバイ・インド・日本といった、アメリカから遠く離れた場所に長時間のフライトで行ったり、アメリカ国内やカナダへ車や飛行機で頻繁に旅行しています。

今日は、その経験から学んだ、子連れ旅行をする際に必須な持ち物、便利な持ち物を紹介したいと思います。


着替え

現地で洗濯可能かどうかによりますが、下着は多めに、服も少し多めに。
忘れやすいのが靴下・帽子・上着です。


スリッパ・上履き

日本以外の場所に行く時は、ホテルなどにスリッパがないので上履きが必要です。
ビーチサンダルにすれば、バスルームで濡れても平気。

水着

ホテルにプールが付いている場合や、ビーチに行く予定がある場合。

機内で遊べるおもちゃ

ミニカーやシールなど、小さい細々としたものを、小さな袋に小分けにして持って行きます。
子供がぐずった時にパッと出して、気をそらすことができます。
袋はビニール製でも布でも何でも OK。

女の子の場合、可愛いポーチなどに入れると良いです。
子供用のアクセサリーを入れればなお喜ぶと思います。

新しいものでなくても、普段使っているものを、旅行前にしばらく隠しておいて、旅行の時に与えると、また新鮮のようです。

お菓子

これは、子供の急なぐずりには一番効果的です。
特に、ペロペロキャンディーは長時間大人しくしてくれるし、離着陸の時の耳抜きにもなるので、いつも何本かバッグに忍ばせています。
普段はあげず、旅行の時だけ、と決めておくと良いと思います。
もちろん、初回はペロペロキャンディーがどのようなものかを知ってもらうために、あらかじめ家であげておくと良いです。

パウチに入ったアップルソースなども、耳抜きには良いです。
ジュース類の飲み物はセキュリティーで取り上げられる可能性があるので、買うとしたら空港のセキュリティーチェック後ですが、溢れると着替えが必要だし、あまりお勧めしません。

旅行に慣れてくると、家から出る準備の時や待ち時間にも、「飛行機に乗ったら楽しいことがある」ことがわかるので、色々と親の言うことを聞いてくれるようになります(笑)

絵本

バイリンガル子育てをされている方は、現地で現地語の絵本を調達する予定の方が多いと思います。
なので、現在住んでいる場所の言語の絵本を数冊持っていくと良いと思います。
新しい本を持っていくか、子供のお気に入りを持っていくかは、その子の性格(新しいもの好きか、慣れ親しんだもの好きか)によると思います。
できれば冊子のようになっている薄く軽量のものがオススメです。

シールブック

シールが好きな子は、飛行機に乗っている間やレストランでの待ち時間、ずっとこれで大人しくしててくれます。

塗り絵ブック

シールブックと同様、塗り絵好きな子にオススメです。

子供用アプリ

スマホやタブレットに、子供用のアプリをあらかじめインストールしておくことをお勧めします。
これも、子供が急にぐずったりした時に有効です。
LEGO などが無料で iOS やアンドロイドに対応したアプリを提供しています。

また、スマホ・タブレット・ラップトップなどに子供用の TV 番組や映画をあらかじめダウンロードしておくと、機内などオフラインの状況でも見れます。

スーツケース

持ち物というよりは、持ち物を入れるものですが、2 歳半くらいから子供用のスーツケースを自分で引いてもらうように訓練すると良いです。
ウロウロする子が、スーツケースを運ぶという仕事を与えられて張り切ってまっすぐ進んでくれたりします。
Skip Hop のスーツケースはこちらでとても人気です。
また、子供がまたがったり、座れるタイプのものも人気です。

「空港やホテル内では子供が運ぶ。その他の場所ではママ・パパが運ぶ」などルールを決めても良いと思います。
子供が運ぶと何かと時間がかかるので、時間に余裕を持って。

バックパック(リュックサック)

スーツケースと同様、ある程度大きくなったら、自分の着替え一組・おもちゃ程度はバックパックに入れて自分で運んでもらうようにしましょう。


次回は、乳幼児特有の持ち物(オムツなど)について書きたいと思います!





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

子連れ旅行は疲れるけど、子供の世界が広がる

子連れ旅行をされた方は、家族でリラックスするために出かけたのに、逆に疲れて帰ってきた、という経験があると思います。

私はいつもそうです(笑)

でも、旅行中に子供がする発見、成長、楽しみに比べれば、ちっぽけなものだと思うので、その疲労を忘れた頃に、また出かけてしまうんですね。

そしてまた、どっと疲れて帰ってくる、という。



私たちはアメリカ在住なので、特に日本に帰省中は親子で得るものが多いため、家計が許す限りなるべく頻繁に帰るようにしています。

まわりの人を見ていても、共働きの方も、皆さん頑張って帰省されているなぁと思います。
そして皆さん、帰ってくると

「飛行機大変だった!私たち夫婦は疲れただけ。でも、子供の日本語はすごくのびた。じいじとばあばとも遊べて、すごく良かった」

と口を揃えて言います。
帰省中にアンパンマンやドラえもんに目覚める子も多いようです。


バイリンガル子育てをしている人はご存知と思いますが、基本、一つの言語しか喋らない国で、それ以外の言語をネイティブレベルに保つのは、非常に難しいです。

イマージョン教育などは大きな助けになりますが、やはり本場とは違います。
モノリンガル(一言語のみ)の環境に投げ込まれた方が、格段にその言語の発達が速くなります。

なので、子供をバイリンガルに育てたい場合は、旅行をして本場に行ってしまうのが一番手っ取り早いです。

また、言語だけでなく、その言語を話す人達の文化や習慣を学ぶ良い機会になるので、子供の世界が大きく広がり、そこに住む人たちの考え方や物の見方にぐっと近づくことができます。
(これは、一緒に旅行をする親にも言えることです。)

こういった経験をたくさんして、真のバイリンガルになるのだと思います。

もうすぐホリデーシーズン。
皆さんも、次の旅行を計画してみませんか?




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年11月13日日曜日

子供たちが大嫌いな日本語補習校

海外に住む日本人の親は、ネイティブレベルの日本語の読み書きができる子供を育てたい場合、大抵は現地の日本語補習校に通わせます。

私が住んでいるシアトル近郊にも日本語補習校があり、友人の子供たちがたくさん通っています。

ひとクラスが 15 人くらいで、一学年に 3 クラスほどあるそうです。
ということは、一学年に 45 人。そんなに日本人がいるとはびっくりです!

でも、それは小学校の話で、高校になるとひとクラスくらいになり、生徒数は 10 人くらいになるそうです。

なぜかというと、補習校を続けるには親も子も並外れた努力をしなければならず、学力や日本語の遅れがあれば進級できず、そのまま退学となります。

また、一時帰国などを頻繁にしていると出席日数が足りなくなるのもあるのかもしれませんね。

話を聞いていると、すごく厳しそうです。

それで、必然的に、どのお子さんも、日本語補習校は嫌いのようです。

まず、授業時間が長い。宿題が多い。
これは、週一回、土曜日にしか授業がないので、相当な駆け足になるためです。

また、先生は日本語が喋れて合法にアメリカで働けることが条件なため、質の良い先生の確保が難しく、特に算数・数学は必要以上に子供に苦手意識を植え付けてしまうようです。
(算数は日本の方がアメリカのカリキュラムより進んでいるので、後でまた現地校で復習できるのは利点)

それでも、最後まで続ければ日本語力は確実につき、完璧なバイリンガルになることは卒業生が証明しているので、親も嫌がる子供に苦労しつつも、できるところまでやろう!と頑張らざるをえないようです。

バイリンガル教育をもっと無理なくできる環境があると良いですが、プリスクール・キンダーまでは日英のイマージョン スクールがあるのに、小学校からはパタッとなくなってしまいます。

おそらく、プリスクールはどこも有料なので、お金を出すならイマージョンや日系、ということになるのだと思います。
一方、義務教育に入ると公立校は無料なので、平日は公立校で英語漬けになってしまうんでしょうね。

公立校でも、市内の教育が盛んな地域には日本語のイマージョン教育校がありますが、まだ一般的ではありません。

日本人がこれだけいるアメリカなので、今後に期待です!







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年10月31日月曜日

「新しい言語を学ぶべき 4 つの理由」by TED Talks

TED Talks で、「4 reasons to learn a new language」という動画クリップを見つけたので、今日はそれをご紹介したいと思います。

英語は、世界語・地球語と言えるほど全世界でしゃべられていて、これからももっと広まることが予想されています。

21 世紀の終わりには、現在は 6000 語ほどある言語のうち、ほとんどの言語が消えてしまい、数百の言語のみ残ることになると予測されているそうです。
その上、機械翻訳・通訳も年々向上しています。

そのような中で、TED Talks のスピーカーの John McWhorter さんが考える、「新しい言語を学ぶべき 4 つの理由」は以下です:

  1. その言語を話す人たちの文化を理解し、その文化に参加できること。 
  2. バイリンガルであることは健康的であること。認知症の発症を遅らせることができるし、マルチタスカー(複数の作業を同時遂行できる人)になれる。
  3. 単純に、言語(新しい文法や発音)を学ぶことは楽しいこと。
  4. 新しい言語を学ぶのが簡単な時代になったこと。

彼は、英語話者に対して語りかけているので、英語以外の他の言語を学ぶべき理由、という意味だと思いますが、これまでに、バイリンGuru が挙げている「バイリンガルの利点」とかぶっていますね。

「3」の理由の「言語を学ぶことは楽しい」というのは今まで挙げたことはなかったですが、もちろん納得です。

私自身は英語の文法が面白いなーと思ったこともないし、発音も最近はもう気にしなくなってしまいましたが、英語のスラングが好き、とか、英語のことわざが好き、という人を知っています。

日本語を学んでいる英語のネイティブスピーカーなんかは、漢字が大好きな漢字オタクの人が多いです。
もともと日本語文化が大好きな人が多いですし、そういう人にとっては、「3」の理由は「1」に繋がりますよね。

ところで、TED Talks は、英語を学習している人には最適な教材だと思います。
動画右下の「Transcript」ボタンを押すと、音声を記事として見ることができる上に、現在の音声(スピーカーが喋っている文章)をハイライトしてくれます。

TED Talks は、サイエンス、アート、エンターテインメント、教育など各分野に詳しい人のプレゼンテーションを配信していて、視聴は全て無料です。
興味があったら、ぜひ見てくださいね!





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年10月30日日曜日

子供のしつけに、教育番組 Daniel Tiger's Neighborhood の凄さ (動画付き)

みなさま、ハロウィン直前のウィークエンドをいかがお過ごしでしょうか?
我が家では、土曜日の午前中からランチにかけて、ハロウィン プレイデートをホストしました。

7組の家族が大集合で、ポットラック(お料理持ち寄り)だったのでお腹いっぱい食べました。
子供達はみんなコスチュームを着て、毎年恒例で並んで写真を撮って、とても可愛かったです。

さて、我が家では、日本語を喋る子供のプレイデート、英語のみ喋る子供のプレイデート、ときっちり分けています。
2 つのグループを混ぜることは、誕生日会以外はありません。
子供の言語発達のためです。

今回は、英語のみ喋る子たち(地元アメリカ人)のプレイデートでした。
ママさんたち、パパさんたちは、毎回、しつけのことなどについて意見交換をするんですが、今回は全員一致で、

しつけの参考には、Daniel Tiger's Neighborhood が素晴らしい!

とのことでした。

実は、我が家もかなり前から Daniel Tiger's Neighborhood を見せているのですが、このプレイグループのメンバーの家で初めて見て、夫が気に入って見せ始めました。

私がシャワーを浴びている最中しか見せていませんが、子供は大のお気に入りで、歌やセリフをかなり覚えています。

今回のプレイデートでは、Daniel Tiger's Neighborhood の話で盛り上がりすぎて、ママさんたちが歌まで歌い出してしまいました。

例えば、

When you can't get what you want, stomp three times to help yourself feel better.

これは、欲しいものが手に入らないとき、思い通りにならないときに、3回地団駄を踏むと、スッキリするよ、という意味です。
感情のコントロールができない子に最適です。

その他にも、何度も挑戦しているうちに上手になるという基本を教える

Keep trying, you'll get better.

や、下の子が出来て親にかまってもらえず上の子が焼きもちを焼いたりしたときは、

There's time for you, and baby, too.

など、親にとっても子供にとっても使い易いフレーズがたくさんです。




オープニングの歌の YouTube 動画(PBS Kids 公式アカウントより):



「When you are sick, rest is best」の歌(PBS Kids 公式アカウントより):



米アマゾンへのリンク:








にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年10月24日月曜日

ハロウィンの季節・パンプキン パッチ

ベイエリアから帰って来て3日目。
ここシアトル近郊は、もうすっかり秋模様です。

先週末は、子供を連れてファームのパンプキン パッチ(かぼちゃ畑)に行きました。

ハロウィンがとうとう1週間ほどに迫り、
パンプキンは全部取り尽くされてもうないかも?という不安を抱きながら行きましたが、
ファームが見える場所に来た途端、目の前に広がるパンプキン パッチ。

思わず、後続の車がいないことを確認し、車を停車し、窓を開けて、写真をパチリ。





駐車場はわりかし混んでいましたが、何とかスペースを見つけ、早速パンプキンパッチに入りました。

昨年、畑が泥沼だったことを思い出し、子供には長靴を履かせておいて良かったです。
私は長靴自体を持っていないので、古い靴を履いて行きました。
もちろん、中までぐちょぐちょになりました。

パンプキンは、色や形のいいものや大きいものはほとんどなかったですね。
連日の雨で、地面についている面が腐っているパンプキンがほとんどでした。
それでも、みなさん頑張って泥のついた半腐れパンプキンをたくさん持って帰っていました。

これはもう、年に一度の恒例行事、文化なので、意地ですね!
これをやらないと、秋が来た感じがしない!という。

この文化で育たなかった私は、「スーパーでも安く綺麗な形のものが買えるのにな〜」などと思いながら、パンプキン パッチで子供とかぼちゃを吟味しました。

ファームには、定番のコーン メイズ(トウモロコシ畑の迷路)や、トラクターが引く子供用の電車などがありました。





子供はアメリカ人でもあり、アメリカで育っているので、アメリカの文化も「異国」ではなく「自国」の文化として感じて欲しいと思い、なるべくこういうことはきちんとしています。

何より、親も楽しいですね!




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年10月20日木曜日

カリフォルニア州ベイエリアの英語・スペイン語バイリンガル キッズ

現在、夫の出張に同行して、1週間ほどカリフォルニア州ベイエリアに滞在しています。
正確には、Sunnyvale という市にいます。

ベイエリアには、Google 、Apple、Facebook などの本社があるので、とても活気のある地域です。
そのため、地価がとても高く、普通の一軒家でもサンノゼで $1 million (一億円)ほどするようです。
北に行くほど高くなり、マウンテンビューあたりだと、最低でも $1.5 million は出さないと、掘建小屋くらいしか買えない、と友人は言っていました。

さて、カリフォリニア州はメキシコからの移民が非常に多いため、スペイン語は州準公用語となっています。
そのため、両親ともスペイン語を話さないご家庭でもスペイン語教育が盛んです。
学校でスペイン語の授業を取る際に有利だし、おそらく、バイリンガルであることが普通で、バイリンガルの利点が広く知られているので、親もプレッシャーを感じ、バイリンガル教育に熱心なのだと思います。

アメリカでのバイリンガル研究と言えば、カリフォルニア州の英語・スペイン語バイリンガル教育のことを指す、と言われていますしね。
(カナダでは、ケベック州の英語・フランス語。)

子供を連れてホテル付近の公園に連れて行ったところ、シアトルと同様、様々な人種の親子に会いました。
中国系、韓国系、インド系、ヒスパニック系、白人アメリカ人、東ヨーロッパ系など。
日本人の方は、2人しかお会いしませんでした(あちらからお声をかけていただきました)。
日本人は、シアトルの方が割合的に多い感じがします。
地域差もあると思いますが。

その中で、白人の子供にスペイン語を喋るナニー(乳母)が付いていることが多いことに気がつきました。
子供ははっきりとスペイン語を理解しているようでした。

両親が英語しか喋らない白人アメリカ人からしたら、どうせスペイン語はマスターしなければいけないのだから、早いうちからやるに越したことはない、なら、スペイン語を喋るお手伝いさんやナニーさんを雇って子供にスペイン語で話しかけてもらおう、ということなのだと思います。

ドラマ「Gilmore Girls」の登場人物で、名門私立校の超優等生「パリス」が同じように育っていますね。
彼女の場合は、両親が忙しすぎて、お手伝いさん一家の方が家族のようになっていましたね。

さて、話がそれましたが、外国語としてのスペイン語は、英語しか喋れない両親の子供だけが学んでいるわけではないようです。

インド人の 3 歳の女の子と 12 歳の男の子のお母さんと公園で立ち話をしましたが、上の子はヒンディー語よりもスペイン語を熱心に学んでいて、親もそれをサポートしているようです。

「ヒンディー語よりも、アメリカに住むなら将来スペイン語の方が役に立つから」

と言っていました。
ヒンディー語は両親の会話を聞いているので、聞く方はできるそうですが、話しかけても英語でかえってくるそうです。
読み書きはもちろんできません。
その点、学校で読み書きも勉強しているスペイン語の方が、彼にとっては上達しやすいのでしょうね。
ヒスパニック系移民の多さを考えると、スペイン語を自然に聞く・話す機会も多いと思いますし。

公共機関の標識は全てバイリンガル表記、図書館などでもスペイン語のストーリータイムが盛んなようでした。
スペイン語の本も多く、その陰にちょろっと他の言語の本がある感じで、シアトルに比べると随分日本語の本の揃えも悪く、隅に追いやられているなぁと感じました。

英語・スペイン語のバイリンガルになることが当たり前のカリフォルニアで、他の言語を母語として3ヶ国語をマスターするのは大変だろうなと思います。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年10月15日土曜日

バイリンガルは、アルツハイマーなど認知症の発症が 5 年遅い

バイリンガルであることには様々な利点があります。
その中でも、医学的に証明されているのは、バイリンガルの人は、アルツハイマーなどの認知症の発症が、バイリンガルでない人よりも 5 年ほど遅いこと、そして、発症しても症状の進行が比較的遅い、ということです。

これは、アメリカの University of Kentucky College of Medicine、ベルギーの University of Ghent や、インドの Institute of Medical Sciences の研究者などが、複数の実験で実際に証明しています。

認知症は、適度な運動や社交などによって発症を遅らせることができるのが一般的に知られていますよね。
健康的な肉体と精神があれば、認知症を防げるのではないかというのは容易に想像ができます。
では、なぜバイリンガルは認知症になるのが遅いのでしょうか?

アメリカの University of Kentucky College of Medicine の Brian Gold の研究によると、バイリンガルの高齢者は、色や形によって分類するなどのタスクが、バイリンガルでない高齢者よりも得意であったという実験結果が出ています。

また、同じ実験にて、実際に脳の中で何が起きているかをスキャナーを用いて調べたところ、バイリンガルでない人の脳の方が一生懸命働こうとしているのに対し、バイリンガルの人の脳は、若い人の脳のように、より効率的に働いていたようです。

バイリンガルであることは、脳の老化防止になっているのですね。

これらの研究から、2 つ以上の言語を喋ることが、実行機能(目標に向けて注意や行動を制御する能力)や注意切り替えタスクを処理する脳の領域のより良い発達につながっていて、それが認知症の発症を防いでいると考えられています。

バイリンガルは、常に 2 ヶ国語以上の言語間で切り替えをしながら、脳の運動をしているからでしょうね。
それも、小さい頃から無意識的に。

それにしても、子供をバイリンガルに育てるということは、親から子供への最高の贈り物ですね!




参照

Bilingualism May Delay Alzheimer’s by More than 4 Years
Speaking More Than One Language Could Prevent Alzheimer's


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年10月9日日曜日

バイリンガルは各言語ごとの人格を持っている

BBC のウェブサイトにバイリンガル研究に関する面白い記事があったので、今日はそれを紹介させてください。
その記事のタイトルは、「The amazing benefits of being bilingual」です。

その中の一節に、バイリンガルは各言語ごとに人格を持っており、言語ごとに異なった振る舞いをする、とあります。

また、その記事によると、バイリンガルだけにかかわらず、文化や言語が絡まって人の視点を変えてしまうことがあるようです。
これは大雑把に言うと「国民性」にも繋がると思いますが、小さな部分でもいろいろと違いがあるようです。

例えば、英語話者とドイツ語話者を比べる実験で、とある動作をしている人について表現してもらったところ、英語ではその行動に重点を置いたのに、ドイツ語ではその行動の目標に重点を置いて表現したそうです。
(例: 英語では、「女性が歩いている」が、ドイツ語では、「女性が車に向かって歩いている」)

これは、英語には、現在進行形の表現「-ing」があるので、ドイツ語に比べて、曖昧なシーンでは動作にその目標を付けることは少ないのでは、とのことです。
その言語の文法や表現の仕方の規制によって視点が変わってくるというのは、面白いですね。

それ以上に筆者が面白いなと思ったのは、バイリンガルに同じテストをしたところ、言語に関係なく、テストが行われた国によって行動重視(アメリカ)だったり、目的重視(ドイツ)だったりしたそうです。

記事では、「その人の世界観を決めるにおいて、文化と言語がいかに絡み合っているかを表している」とだけ書いてありますが、これは、使う言語にかかわらず、バイリンガルはその場に応じて柔軟に視点を変える適応能力があることを表していると思います。

もう一つ紹介されている 1960 年代に行われた実験では、英語と日本語のバイリンガルの女性を対象にしていて、与えられた文章の続きを、英語・日本語の両方で完結する、というものです。

例えば、「私の家族と私の希望が競合したら(When my wishes conflict with my family)・・・」という文章の場合、日本語では「それは非常に不幸なことです。」と結ばれたのに対し、英語では「私は自分のしたいことをします。(I do what I want.)」で締めくくられたようです。

「本当の友人は、〜であるべき。(Real friends should ...)」という文章の場合は、日本語だと「助け合うべき。」となったのに対し、「率直であるべき。(be frank)」だったそうです。

このことから、人間の考えというのは、その言語の考え方の範囲内で起こり、バイリンガルは、各言語によって異なる考え方を持っていると考えられています。

上記の実験で、ここまで顕著に日本語・英語の時の違いが出たのは、1960 年代という、女性の地位や家族関係が、日米間で多くき異なっていた時代に実験がされたからかなぁと思いますが、現代でも多少はあるのではないでしょうか。

というのも、筆者はここ15年ほど、英語と日本語を両方話す人をたくさん見てきましたが、特に女性は、話している言語によって表情や声のトーンが全然違うなぁと思っていました。

なんだか悪く言うと2重人格みたいですが、視点や人格を言語や場所によって使い分けるということは、それだけ脳が柔軟ということですね!


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年10月2日日曜日

YouTube 朗読動画付き絵本・「Ladybug Girl at the Beach」

今日は、「Ladybug Girl at the Beach」の紹介です。
「Ladybug Girl」シリーズは、前回日本に帰省した時に買ったステッカーブックで知りました。

動物が主人公なことが多い絵本の中で、珍しく人間の女の子が主人公とあり、女の子向けの可愛らしい絵本です。 主人公といつも一緒にいる犬のビンゴも可愛らしいですね。


 

あらすじ

てんとう虫の水着を着た Ladybug Girl ことルルは、家族と犬のビンゴとともに、初めて海に出かけます。
はじめは海とビーチに嬉々とするルルですが、初めて見る波の大きさと音に怖気付いてしまい、ビーチで砂のお城を作って遊ぶことにします。

凧揚げをしたり、アイスクリームを食べたり、散歩したり、砂に絵を描いたりして時間を過ごしますが、暑いので水への興味が募ります。
他の子供達が水の中で楽しそうに遊んでいる光景もまた、水への興味を掻き立てます。

そこで意を決して水の中に入りますが、波に足を取られそうになり驚いてしまい、怖気付いて、また水の外で遊び始めます。

その後、バケツが水に流されてしまったので、それを追って勇敢に水に入っていったところ、波打ち際と違って、水の中に入ってしまえば怖くないことがわかります。

水に慣れたルルは、波にも恐れないようになり、その日の午後は、空がピンク色にかわるまで、ずっとビーチで水遊びを楽しむのでした。

解説

子供の水への恐怖、特に波への恐怖という題材を上手に扱った本だなと思います。

はじめは未知のものに対する興味やウキウキ感から始まり、それが恐怖になり、でも徐々にそれに対する興味が戻ってきて、最後には克服する、という過程を描いています。

親や周りがプッシュしなくても、子供はほかっておけばそのうち自分のペースで慣れていくよ、という作者のメッセージが感じられます。


YouTube 朗読動画

 



先ほども書きましたが、Ladybug Girl はシリーズ化されていて、この本はその一冊です。

下記に幾つかシリーズ本の Amazon リンクを載せますので、よろしければご覧ください。
ハロウィンはもうすぐなので読んでみたい一冊ですね!



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!