2016年9月30日金曜日

バンクーバーの日本人留学生殺害事件について

9月初旬からカナダ・バンクーバーで行方不明になっていて、警察や友人たちが懸命に行方を捜していた古川夏好さんの遺体が発見されました。

これを受けてすでに逮捕された容疑者は、白人の 40 代後半の男で、失踪前後に駅の防犯カメラに古川さんと一緒にいるところが写っていた男と思われます。

私も以前3〜4年ほど住んでいた街で、大学院生として青春を過ごした場所であるだけに、事件発生時からニュースを追っていたので、このような結末になってしまったことを非常に残念に思います。

古川さんが住んでいたバーナビー市はバンクーバーのすぐ東にある市で、私もずっとそこに住んでいました。
彼女が住んでいたというシェアハウスのある Holdom 駅付近は、一番仲の良かった友人が住んでいたこともあり、毎週のようにあの駅から続く坂を登りました。

彼女の遺体が発見された地域はバンクーバーのウェストエンドと呼ばれるところにあり、周辺住民の間では有名な Gabriola Mansion というヘリテージ ハウスのようです。

昨年に $6.72 million (約 7 億円) で売却されたとあり、レストランなどが入る店舗スペースとして使用していたのを、賃貸のアパートにしたいと新しい所有者は言っていましたが、現在どうなっているのかはわかりません。
(一部報道では、長い間空き家だったとあります)

英語で「マンション」というと、日本語で使われる分譲住宅といった意味合いとは違ってかなり豪華な響きがあり、豪邸、邸宅、館という意味合いです。
立地もダウンタウンなので、被害者は地元民ではなく留学生ですが、地元の住民にとっても非常に関心の高い事件となる可能性があります。


カナダの報道機関の記事:
CBC News
CTV News
Global News


それにしても、この事件に対するソーシャルメディアの反応には、怒りを覚えます。
やっぱり外国は危険だ、女性が一人で外国の街を歩いてはいけない、など、海外生活の何を知っていてそのようなことが言えるのだろう、と思います。

バンクーバーは、危険な街ではありません。
国際色豊かで活気があり、とても進んだ美しい街です。
もちろん、危険がまったくないとは言えませんが、安全と思われている日本だって、気をつけていなければ(そして気をつけていても!)何が起こるかはわかりません。

最近は、安全で便利な日本から出たがらない若者が増えていると言います。
今回の事件の日本での報道のされ方により、外国生活、留学に対するイメージが悪くなり、海外に出る人がますます減るというような結果にならないことを祈ります。

何より、異国の地にて大事な娘さんを亡くされたご両親のお気持ちを考えると、同じ娘を持つ親として、そして、日本に親を残して異国に住む娘として、胸が押し潰れそうになります。
古川さんのご冥福をお祈りします。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

ワーナーの新アニメーション映画「Storks」

ワーナー ブラザーズ配給の新作アニメーション映画、「Storks」を映画館に見に行ってきました。

「stork」は「コウノトリ」のことです。
昔から、世界各地でコウノトリは赤ちゃんを運んでくるというイメージがありますが、そのことを題材にした映画です。

映画の中では、コウノトリ達が以前は実際に赤ちゃんを運ぶことを仕事にしていたという前提で、とある事件が原因で現在はその仕事を廃業し、代わりに配送業をしているという設定です。

その配送業者で働いているコウノトリと、その事件のせいで赤ちゃんの時に両親の元に運んでもらえず、そのままコウノトリと共に成長した人間の女の子の掛け合いが面白いです。

一番笑ってしまったのは、狼たち。
でも、これ以上はネタバレ甚だしいので、気になったら是非映画をみてくださいね!


 


ここのところ、映画は必ずクロスロード モール(ワシントン州ベルビュー市)の Regal Crossroads Stadium 8 で観ています。
リクライニング付きの座席で、脚乗せまであり、前後の座席との感覚がびっくりするほど広い映画館です。
座席は全席指定です。
小さな子供連れにはありがたい広さ。

シアトル近郊にお住いの方、とてもオススメです!


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年9月28日水曜日

YouTube朗読動画付き絵本・「Olivia 」

「Olivia 」の絵本シリーズは、バイリンガル子育てをされている方にはお馴染みだと思います。
昨シーズンは、子供服で有名な Gymboree が、「Olivia」をテーマにした服を販売していました。
絵本に出てくるオリビアの服装に似た、赤・黒・白にリボンをふんだんに使ったデザインで、トップはオリビアもプリントされていて、とても可愛かったです。

今日は、「Olivia」シリーズの第一弾目の絵本を紹介したいと思います。
YouTube の朗読動画付きなので、英語が苦手な親御さんは是非参考にしてくださいね。



あらすじ


オリビアは、想像力が豊かで好奇心旺盛な豚の女の子。
色んな特技を持っており、中でも、人を疲れさせるのにかけては、ピカイチ。
朝、持っているお洋服を全部試着してみたり、美術館で抽象画家の絵を見て「これならわたしでも5分程度でできるわ」と、画家になった気分でお部屋の壁に落書きをしてしまったり、お昼寝をしなかったりと、あの手この手でお母さんを困らせます。
正確には、オリビア自身は大真面目でお母さんを困らせるつもりはないのでしょうが、結果的にお母さんを疲れさせてしまいます。
それでも、お母さんはオリビアが大好きで、オリビアもお母さんが大好きです。


解説


2〜3歳前後の子供の子育てをしている親なら、誰もが「うちの子と一緒だわ!」と思うエピソードが盛り沢山。
オリビアは特に、ダンスやアートに興味を示し、何でも自分でやってみて、しかもとことんやらないと気が済まないタイプですね。
絵本を読むのも大好きで、沢山読んでもらおうとしてお母さんと交渉したりと、頭もとても良さそうです。
こういう子に1日真面目に付き合うととても疲れてしまうと思いますが、成長が楽しみなタイプでもありますね。


公式サイト: http://www.oliviathepiglet.com


YouTube 朗読




好奇心旺盛でとにかく元気なオリビアが、色々なことに挑戦して、大人を振り回す様子がとても可愛らしいですね。



他にも、「Olivia」のストーリーや、ABC や数を学ぶ本も出ているので、興味があれば見てくださいね!

 


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年9月23日金曜日

秋の植物園 - Bellevue Botanical Garden

ここのところ、バイリンガル育児にあまり関係のない記事が続きます、すみません!

というのも、初秋がとても綺麗で天気も良く外で過ごしやすいのです。
必然的に、子供と常に外に遊びに行ってしまいます。
そのため、落ち着いて記事を書いている時間がないのですが、
子供のペースに合わせて働いているので、仕方ないですかね〜。
もっとガッツリと、バイリンガル教育についての文献の紹介もしたいのですが・・・。

今週は、Bellevue Botanical Garden という、無料で入れる植物園に行ってきました。
場所は、シアトル郊外のベルビュー市のダウンタウンに近いです。
写真を撮ってインスタに載せたので、幾つか紹介させてください。





Fuchsia (フクシア)というお花です。
これ、我が家のお庭にもあります。
特別な手入れをしなくても毎年綺麗な花を咲かせてくれるので、おそらくノースウェストの気候ととても合っているのだと思います。
今ちょうど季節のようで、何十種類とあり、それぞれに名前のタグが付いていました。
少しずつ、形や色やサイズが違うんですね。





庭園内にカフェがあるよーという看板。




カフェがある建物内。
中庭があり、自然光がたくさんで、素敵な空間。
カフェ自体は、出張カフェみたいな感じです。
もっと本格的なカフェにしたら良いのに〜。
でも、素敵な景色を見ながらコーヒーでほっと一息つけるだけでも、ありがたいです。





こんな標識も。
子供に説明しやすいですね。





庭が一望できるテラスもありましたが、子供のお菓子がいい匂いがしたのか、ミツバチが寄ってきて、子供が「キャーキャー」うるさいので、中に移動しました。

庭園から続くトレイルを進んでいくと、森の中。
一瞬、道に迷って帰れなくなったらどうしようかと思いましたが、見慣れたところに出ました。
大きいと言っても遭難するほどの大きさではないですね、一応街中なので。

バイリンGuru では、英語圏の生活・文化も紹介していきたいなぁと思っているので、これからもちょくちょくこのような記事を載せますね!




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年9月20日火曜日

アメリカのファーム・Kelsey Creek Farm

筆者はよく子供を連れて、近所のアニマルファームに行きます。

家から10〜20分程度のところに、市が運営しているファームが2つほどあります。
どちらも無料です。

家畜の世話に休みはないので、どちらのファームも定休日や祝日がなく年中やっているので、いつ行っても動物たちに会えるのがいいですね。

ファームも動物たちも、とてもよく手入れが行き届いていて、納屋(barn)も可愛らしく、写真撮影には最適です。

9月に入ったばかりでしたが、すでにデコレーションは秋模様。
家庭菜園のコーナーにはどでかいオレンジのパンプキンがゴロゴロしていて、お花も秋を感じさせるものが多かったです。






このファームは、シアトル郊外のベルビュー(Bellevue)という町にある「Kelsey Creek Farm」です。
ダウンタウンからとても近く、地価も高いところで、こんなところにファームがあるなんてすごいなぁといつも思います。

広い公園の中にあり、小川も流れていてとてものどかです。

写真を撮った日は珍しく、動物たちが近くに来なかったので、動物の写真がありませんが、ヤギ、牛、羊、鶏、うさぎ、ブタ、馬などがいます。
日本のファームも定番はこんな感じでしょうか。

バイリンGuru の「動物バイリンガル辞典」では、「家畜だけ見る」フィルターがあるので、ファームに行く際は、よかったら使ってくださいね!


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年9月19日月曜日

今週の絵本・アルファベットが学べる絵本

9月の第1週は「おやすみなさい」の本を、第2週は「0歳から読める本」をご紹介しました。

前回、前々回と、


アルファベットを教える時期
アルファベットの教え方・親子会話&定番英単語

という記事を書きましたので、

第3週の今週は、「アルファベット」の本をご紹介したいと思います。




Animal Alphabet: Slide and Seek the ABCs






あらすじ


「A」から「Z」まで、各アルファベットを頭文字とする名前の動物が収録されている、スライド式の仕掛け絵本です。

まず、左半分にアルファベットが大文字と小文字で書かれているその下に「is for...」と書かれていて、右半分は、動物の左半身のみが見えています。

例えば、

"A" is for ...

や、

"B" is for ...

といった具合です。

その動物の左半身をスライドすると、右半身が現れ、パズルのように合わさります。

はじめから通すと、

"A" is for "Alligator".
"B" is for "Bear".

となります。


解説


スライド式の仕掛け絵本なので、とても子供が喜びます。
どこ子も元気に動物の名前を言いながらスライドしてくれると思います。

これは、どのアルファベットの本にも言えることなのですが、特にテーマが決まっていると(今回は動物)、使われる単語が非常にマイナーになってしまったりします。

例えば、ホオジロカマドドリなどは、辞書によっては載っていないし、大人も知らないし知らなくても良い単語ですよね。
他にも、2歳児にはわからないかな〜と思われる単語がちらほら。
でも、単語の選択が少し苦し紛れな部分を除けば、とても良くできた ABC の本です。




Chicka Chicka Boom Boom





あらすじ


アルファベットの小文字(子供)の「a」から「z」までが、

I'll meet you at the top of the coconut tree.
(ココナッツの木の頂上で会おう)

と言って、ココナッツの木に順番に上っていきます。
しかし、全部のアルファベットが上れるほど、ココナッツの木は大きいのでしょうか?それに、重さに耐えきれるのでしょうか?

案の定、次々と登ってくるアルファベットの重みに耐えられず、ココナッツの木はだんだん横に倒れて、上の部分が地面についてしまいます。

そこへ、大文字(大人)の「A」から「Z」が来て、小文字(子供)をハグし、ズボンについたホコリを払ってあげます。
小文字は各自、様々な場所に怪我をしていて、絆創膏を貼ってあるものや、泣きそうなものもあります。

全員が無事木から降りると、木はまっすぐになり、満月が上ります。
そこへ、寝ているはずの「a」がベッドから抜け出し、また木に上っていくのでした。


解説


26文字のアルファベットを一つずつ学ぶということは、子供にとっては難しく、あまり楽しい作業ではないようです。

でも、この本のようにテンポよくカラフルだと、子供も苦手意識がなく学べるのではないでしょうか。

たとえ始めは「a」や「b」が何なのかわからなくても、「Chicka Chicka Boom Boom」と言いながら読み進めて行くだけでも楽しいと思います。





同じアルファベットの本でも、1冊目の「Animal Alphabet」のような定番とも言える教え方を使用しているものもあるし、2冊目の「Chicka Chicka Boom Boom」のような、ちょっと普通は思いつかないような教え方をする本があります。

何より、大人にとっては、「Chicka Chicka Boom Boom」って一体なに!?という疑問が頭を離れませんよね。

私も不思議に思ったので、ググってみたところ、Yahoo! Answer では、「A fine looking woman.」という衝撃のベストアンサー(笑)
響き的にですかねぇ。
もちろん、下の方に「A book I used to read to my Children」という回答もありましたが。
「C」が大文字なところが、「そんなゲスな回答・・・」という意味を込めている感じが。
これ、なぜこんなタイトルかご存知の方は教えてください。

それはさて置き、子供は面白そうな響きなら何でも興味を示すので、それを上手く利用しているなぁと思います。

お子さんの好みに合わせて選んであげてくださいね。




にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年9月17日土曜日

アルファベットの教え方・親子会話&定番英単語





前回、「アルファベットを教える時期」について書きました。
今回は、アルファベットを実際に教える方法についてです。

本や歌などを使用して教えることはもちろん、普段の親子の会話の中でも教えることができますので、参考にしてくださいね。

使える例文


下記は、お子さんとアルファベットを学ぶ際に使える質問の例です。

  What words start with 'B'?
(「B」で始まる単語は何かしら?)

  Your special letter is 'H,' for Hanako; can you think of any other 'H' words?"
(あなたにとって特別な文字は、花子の「H」よね。「H」で始まる単語は他に思いつくかしら?)

はじめは適当に「apple!」とか「monkey!」とか、当てずっぽうの答えが返ってくるので、

「こんなんで本当に全てのアルファベットを覚えるのだろうか・・・」

と途方に暮れると思いますが、根気よく続けてあげてくださいね。


各アルファベットの定番例単語


子供向けのアルファベットの絵本やフラッシュカードなどでは、 動物の単語で統一してあるものが多いです。

下記は、よく使用される例単語ですので、上記の質問の答えにお子さんが間違えた時など、「こんな単語もあるよ」的に教えてあげてくださいね!


A - Apple, Alligator, Ant
B - Ball, Bear, Boy, Baby
C - Cat, Camel
D - Dog, Dolphin, Dinosaur
E - Elephant
F - Fox, Frog, Flower
G - Gorilla, Giraffe, Girl, Guitar
H - Hat, Hammer
I - Ice cream, Iguana
J - Jaguar, Jellyfish, Jug
K - Koala, Kangaroo
L - Lion, Lemon, Lollipop
M - Monkey, Moon
N - Newt, Necklace
O - Octopus, Owl
P - Penguin, Pie, Pig
Q - Question, Quail, Queen
R - Rhinoceros, Rainbow, Rocket, Robot
S - Snake, Star
T - Tiger, Turkey, Teapot
U - Unicorn, Urial, Umbrella
V - Vulture, Violin
W - Watch, Walrus, Wagon
X - boX, Xylophone
Y - Yak, Yellow
Z - Zebra


おまけ・「 ABC の歌」の YouTube 動画






備考:KidsTV123 さん作成です。



もうそろそろ「今週の絵本」の時期なので、次回は、アルファベットの絵本をご紹介したいと思います!


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年9月16日金曜日

アルファベットを教える時期



英語圏の子供は、大抵2〜3歳で親などからアルファベットを習い始め、
4〜5歳までには全てのアルファベットを認識できるようになります。

ですので、2歳を過ぎたら、アルファベットを教え始めると良いと思います。
はじめはお子さんが全く興味を示さないかもしれませんが、
その場合は無理に教えようとせず、
お子さんが興味を示すまで待ってみてくださいね。

A から Z まで教えるには、歌を使うと手っ取り早いです。
「キラキラ星」の曲にのせて歌う定番のものから、
様々な ABC の歌の CD があります。
また、

"A" is for "Apple".

"B" is for "Ball".

という風に、
各アルファベットに対して、
既にお子さんが知っている単語を例に出して教えてくださいね。

いちばん良いのは、本や標識などに書かれているアルファベットに、
お子さんが自分から興味を示すことです。

そのためには、常に本などが身近にあることが大切です。
英語圏に住んでいるとその点は楽ですが、
日本に住んでいても、チラシ、看板、お菓子のパッケージ等に、
アルファベットが書かれている場合が多いので、
さりげなく、「これは M だよ」などと教えてあげると良いかと思います。
特に、「O(オー)」などは子供にとって認識しやすい形ですので、
こういうものから、一つ、二つ、と数を増やして行くことができるはずです。

また、お子さんの名前の綴りから入るのも効果的です。
お絵描きや工作をする時に、
お母さんが端っこにアルファベットで名前を書く習慣を付け、
その度に綴りを読んであげてくださいね。
アルファベットを書くことに興味が出てきたお子さんには、
自分で書くように促してみてください。

アメリカの子供たちがアルファベットの書き方を学ぶのは、
幼稚園(kindergarten)に入ってからが一般的のようです。
(備考:アメリカの幼稚園は5〜6歳の1年間のみです。)

もちろん、幼稚園前のプリスクールで既に習ってしまう場合も多いのは、
日本のひらがな教育と同じですね。
お家でできることとしては、絵本などを読んでいる時に、
大きなアルファベットを見つけたら、お子さんにそれを指でなぞるようにすすめることです。
文字を指でなぞる練習は、数字を書くことにも応用できます。

では、次回は、アルファベットを教える際に使える親子会話の例文や、各アルファベットの定番英単語を挙げてみたいと思います!


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年9月15日木曜日

海外在住の方必見!日本一時帰国にベストな時期

バイリンGuru では、海外在住でバイリンガル子育てをされている親御さんに、日本語力の向上と維持のための、定期的な日本への一時帰国をおすすめしています。

「そんなこと言ったって、(自分や夫の)仕事は忙しいし、お金も限られてる!」

と思われる方もいらっしゃると思います。

でも、大丈夫です!!!!
時期を選んで行けば、たった1週間の日本滞在でも、何倍もの効果を上げることができます!
(なんか変な宣伝文句みたいになってきましたね・・・)

そこで、時間とお金を最大限に有効に使ってお子さんの日本語力を上げていただけるように、それぞれの季節に帰省する利点と欠点を挙げてみたいと思います。



Spring - 春


春はなんと言っても、桜のシーズン。 地方によりますが、3月下旬〜4月の頭になると思います。
ちょうど春休み〜入園式の季節なので、家族や親戚と一緒に集まれる機会も多いかと思います。
気温も上がり始めて、ポカポカ陽気の日が増え、とても良い時期だと思います。
航空券代も2月などと比べると高いですが、そう高くはありません。

4月の終わりから5月の頭にかけてのゴールデンウィークも狙い時です。
この時期は天候・気温ともに全国的に過ごしやすいと思いますし、実家に帰省する人が多いので、家族や地元の友達と確実に会うことができます。

ゴールデンウィーク中の欠点は、人混み。どの観光地に行っても人ばかりで、ゆったりとした海外の暮らしに慣れている場合は疲れてしまうかもしれません。
また、帰省ラッシュ・U ターンラッシュで飛行機代が高くなるので日本国内を飛行機で旅行するには向かないですし、新幹線なども早めに指定席を買う必要があるなど、事前の計画が必要です。

6月ごろになると梅雨に入ってしまうので、この時期の帰省はギャンブルですね。

Summer - 夏


北海道や東北をのぞいて、夏はなんと言っても日本全体が蒸し暑いですね!
でも、海水浴や潮干狩りや屋外プールなどが楽しめるので、子供には良い季節かもしれません。

日本の学校が夏休みに入る前なら、ぜひ、日本の地元の学校に体験入学をさせてもらいましょう!
学校によると思いますが、期間は1週間〜1ヶ月くらいになると思います。

一方、日本の学校の夏休みに合わせて帰省する場合、子供はいとこたちと一緒に遊べるので、とても良い夏の思い出ができること間違いなしです!
お盆休みもあり、ゴールデンウィークと同様な利点(と欠点)があると思います。
また、ゴールデンウィークと違いこの季節の日本行き航空券は毎年非常に高くなる傾向があるので、家計には痛いですね。

Fall - 秋


「食欲の秋」と呼ばれるくらいなので、秋は食べ物が美味しいですね。
そして秋は紅葉が綺麗なので、春の桜と同様、日本の自然の美を鑑賞するには良い季節です。

Winter - 冬


冬は、クリスマス・お正月にかけて帰ると、イベントが盛りだくさんで楽しいです。
飛行機代の傾向としては、12月初旬は比較的安く、クリスマスに近くにつれて高くなり、クリスマス後に少し下がります。
なんにしても、お正月を日本で過ごしたい人が多いので、少々高めになってしまいますが、お年玉をもらったり、
おせち料理を食べたりといった体験はこの季節しかできないので、ぜひ帰省したいですね!





何度もしつこいようなのですが、海外で育つ子供は、日本語は親がやらせなければ忘れていきます。

定期的に日本に一時帰国し、祖父母やいとこ達と触れ合うこともとても大切です。
日本の文化に直に触れさせることで、日本に親しみを持ってもらい、自分の文化として認識させるようにしましょう。

こうした経験を通して、子供は、日本語は使えるものであるという認識になり、また、日本語が喋れるといいことがある、楽しいことがある、日本語ができるということは素晴らしい、という考え方になるのです。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年9月14日水曜日

子供と一緒にお料理・英語の料理本

そろそろ、子供と一緒に料理をしたいな〜と思っていました。

ホットケーキの材料を混ぜてもらったり、
野菜を洗ってもらったり、
ゆで卵の殻をむいてもらったり。

これらのお手伝いはキッチンでしてもらっていて、子供もすごく使命感に燃えていつも張り切ってお手伝いをしてくれるんですが、まだ一緒にお料理を作る、というところまでは行っていません。

(ちなみに、「ホットケーキ」は英語で「pancake (パンケーキ)」と言いますが、日本語での会話の時はあえて「ホットケーキ」と呼ばせています。「しろくまちゃんのホットケーキ」という日本語の絵本もありますしね!)

自分でやってしまった方がはやい、というのがやはり大きな理由なんですが、そう言わず積極的にお手伝いをしてもらわないといけないですよね。

そこで今日、キッズミュージアムのギフトショップを何気なく見ていたら、恐竜の図鑑や乗り物の図鑑に混じって、こんなのを見つけました。







子供と一緒に作れる料理の本です。
なかなか良さそう。
キッズミュージアムのギフトショップって、なかなか普通のお店には売っていないけれど優秀なおもちゃや本が売られていたりして、気になってしまいます。

帰って、2冊のアマゾンのレビューを読みました。
どちらの本も評価が高いですね。
この2冊は買いです!

ただ、アメリカの料理本は使いづらくもあるんですよね。
重さがグラム(g)ではなくパウンド(lb)だったり、温度が摂氏(℃)ではなく華氏(℉)だったり。
そう考えると、日本の料理本をアメリカのキッチンで使う方が難しいのかもしれませんが、日本育ちの自分としては感覚的にわかりにくいです。
最近は併記してある場合も多いですが、フィートといい、インチといい、マイルといい、アメリカって本当に世界から取り残されているなぁと思います。

今日ご紹介した2冊は、子供と一緒に使ってみて、後でブログでレビューを書きますね〜。


Cooking Class





Complete Children's Cookbook






にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年9月13日火曜日

YouTube 動画付き・英語の童謡「Animal Fair」

今日は、バイリンGuru の「お歌」に新しく追加した英語の歌「Animal Fair」を紹介したいと思います。

歌詞 

I went to the animal fair,
The birds and the beasts were there,
The old baboon by the light of the moon
Was combing his auburn hair

The monkey he kerplunked
And fell on the elephant’s trunk
The elephant sneezed and went down on his knees
And that was the end of the monkey monkey monkey monk...

注:2番目の歌詞の最後「monkey monkey...」部分は、バージョンによって少し異なるようです。

解説 

動物の名前がたくさん出てきて可愛らしい曲ですが、baboon (ヒヒ)は小さい子にはちょっと馴染みがないですよね。
auburn は「赤褐色の、金褐色の」という意味ですが、この色も馴染みないですよね。

日本の童謡も、「えっこの単語のチョイス!?」ということがありますが、英語にもあるんですね〜古い曲だとそうなってしまうんでしょうか。
とは言っても、「赤とんぼ」ほどではないですね。

kerplunk は、「どすっ」という意味で、ここでは過去形として使われています。

「Animal Fair」は、Fisher-Price が開発した iPhone などのアプリ・「Storybook Rhymes Volume 2」にも収録されています。

サンプルYouTube動画






上記のサンプル動画を作成した Little Baby Bum さんはたくさんの歌を動画化していますので、よかったら Little Baby Bum の YouTube チャンネルを見てあげてくださいね。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年9月12日月曜日

YouTube朗読動画付き絵本・「We're Going on a Bear Hunt」

バイリンGuru に、新しい絵本数冊分のレビューを追加しました。
新しい絵本は、下記です。

Dear Zoo
Doing the Animal Bop
Spot's Birthday Party
We're Going on a Bear Hunt






その中から、今日は、「We're Going on a Bear Hunt」の YouTube 朗読動画を紹介したいと思います。

なんと、作者の Michael Rosen さん自身が朗読されています。
歌うように読む本なため、ノリノリで歌って踊ってくれていますので、ぜひ見てくださいね。





公式な動画なのでクオリティも高いですね。
絵本の朗読動画はあちこちでアップされているので、お気に入りの絵本をググってみてくださいね。

ちなみに、まだ死語でないとありがたいのですが、「ググる」は英語で google です。
そのまんま動詞として使います。
過去形は googled です。

I googled you!

と言われたら、相手があなたの名前をググったということです。
ストーカーかもしれないので全力で逃げましょう!(笑)


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年9月11日日曜日

今週の英語の絵本・「おやすみなさい」

今週ご紹介する英語の本は、「Good Night」(おやすみなさい)の本です。

一冊目は、「Good Night Gorilla」で、二冊目は、「Goodnight Moon」です。 

どちらの本も、アメリカの図書館がオススメする本のリストに入っていて、小さいお子さんのいるアメリカ人家庭の絵本棚には必ずある本です。
夜寝る前に読むのにぴったりですね。

本を読み終わった後は、お子さんと一緒に、お家にあるものや、ご家族、ペット、その日楽しかった出来事などに対して、「Good night」と言ってはいかがでしょうか?



Good Night Gorilla





あらすじ

夜の動物園で、その日最後の見回りをするおじさんが、檻の中のゴリラに「おやすみ」と声をかけるところから物語は始まります。おじさんの背後から鍵を盗んで自分の檻を開けたゴリラは、他の動物にも「おやすみ」と声をかけるおじさんの後をつけながら、次々と動物達の檻を開けていきます。

最後には、その動物達と行列になって、何も気が付いていないおじさんの自宅まで上がりこみます。

そして、おじさんが寝室のベッドに入り、奥さんに「おやすみなさい」と言って部屋の明かりを消したところ、暗闇から次々と「おやすみ」の声が。
ビックリした奥さんが明かりをつけ、部屋で眠ろうとしていた動物達は見つかってしまいます。

そこで、奥さんに連れられて動物達は動物園に連れて帰られるのですが、ゴリラだけはまたうまく後を付けて家に一緒に戻り、夫婦のベッドで眠りにつくのでした。

解説

娘が1歳を過ぎてから買いましたが、0歳の時でも楽しめた本だなと思いました。
単語量がとても少ないですが、絵がカラフルでとても可愛らしく、ストーリーやゴリラの表情や仕草がユーモアに溢れていて、娘が大好きだった本の一つです。



Goodnight Moon





あらすじ

時刻は夜。
緑色のお部屋に、電話、赤い風船、子猫など、様々なものがあります。
そのそれぞれのものに対して、「おやすみ」を言います。
最後は、星や空気、音にも「おやすみ」を言います。

解説

ねんねの時間にぴったりの本です。
はじめは、出てくる小物がとてもランダムなので、なぜそんなものが?と思うかもしれませんが、韻を踏んであるのはもちろん、他の部分でも、作者はとてもひねりをきかせているなぁと感じます。

例えば、緑の部屋、赤い風船、2匹の猫、3匹の熊(の絵画)など、色や数字の学習になります。
「young mouse」と「old lady」の対比もあります。

また、英語の文化に馴染みがないと、「?」な部分があります。
「cow jumping over the moon」は「Hey Diddle Diddle」という童謡の中に出てくる有名な歌詞の一部で、「three little bears」は、「Goldilocks and the Three Bears」という昔話の中に出てくるキャラクターです。

お子さんに、お家の人や物に「good night」と言う習慣をつけさせると、就寝前の時間が楽しくなるかもしれませんね。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年9月8日木曜日

海の生き物バイリンガル辞典

バイリンGuru の「無料バイリンガル教材」に、新しいページを追加しました。
海の生き物バイリンガル辞典」です。
海の生き物の写真に、日本語と英語が併記されています。




この「海の生き物バイリンガル辞典」を使ったゲームの水族館での遊び方や、水族館でできる親子英会話例などを載せたページはこちらです。

英語でも日本語でもそうですが、お子さんに沢山質問することで、お子さんの興味を引き出してくださいね。
質問の例文は、こんな感じです:


  • What is your favorite sea animal and why? (あなたのお気に入りの海の動物は何?その理由は?) 
  • What does that sea animal eat? (あの海の動物は何を食べるの?) 
  • Where is this sea animal from? (あの海の動物はどこから来たのかしら?) 
  • What color is that sea animal? (あの海の動物は何色かしら?) 
  • What did the dolphins do when you were watching them? (あなたが見てた時、イルカさんは何をしていたかしら?) 
  • What did you enjoy the most about going to the aquarium? (水族館に行っていちばん楽しかったことは何かしら?) 
  • What was the biggest and smallest sea animal you saw today? (今日見た中でいちばん大きい海の動物と小さい海の動物は何だったかしら?) 
  • Is that penguin bigger or smaller than that one? (あのペンギンはあのペンギンより大きいかな?小さいかな?)


上記は、答えが決まっている質問が多いですが、他にも、お子さんが感じたことや疑問に思いそうなことなど、色々と考えて質問してみてくださいね。

質問をした後、お子さんが答えたら、「Why?」と、理由も聞いてみてくださいね。
英語圏では、質問に正しく答えることよりも、自分なりに考えた答えを上手く相手に伝えることの方が大事だと考えています。
そのため、答えが一つである質問よりも、答えに広がりのある質問が好まれます。

では、「海の生き物バイリンガル辞典」をプリントアウトして、お子さんと水族館を楽しんできてください!


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年9月6日火曜日

秋のデコレーション in アメリカ

日本はまだ残暑でしょうか?
アメリカは広いので地域によってまちまちだと思いますが、ここノースウェスト地方は秋がすでに訪れはじめています。

モールやお店の飾り付けや商品も、秋っぽくなってきました。
秋のカラーと言えば、オレンジ・赤・黄色・茶色でしょうか。
枯葉の色、パンプキンの色。

アメリカはハロウィンを盛大にお祝いするので、パンプキンのオレンジ色を見ると、

あぁ、秋だなぁ、もうすぐハロウィンだなぁ(コスチュームどうしよう!)

と思います。

この写真は、大型ショッピングセンターの Home Depot で撮りました。
魔女や骸骨、お化けなど、ちょっと怖い系のデコです。
小さい子には向かないかもです。





かかしさん。
お庭や玄関などにいいですね。





飾り用のペッパー(ornamental peppers)です。
種類の違うものを、3鉢買いました。





日本の紅葉の秋も素晴らしいですが、アメリカの秋もイベント盛りだくさんで楽しいですよ。
 秋の最後のシメがサンクスギビング(Thanksgiving・感謝祭)で、その後は一気にクリスマスに突入!

今年もアメリカの秋をめいっぱい楽しみたいです。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年9月3日土曜日

ハロウィン・ビンゴで秋の英単語を学ぼう

先日、「動物園ビンゴ」シートなるものをご紹介しました。
そして今回は、「ハロウィン・ビンゴ」シートを作りました!

日本でもお馴染みのハロウィン。
アメリカでは、とても盛大にお祝いします。

筆者が子供の頃は、知識としてはあっても、日本では習慣や文化として根付いていませんでしたが、最近は日本でもお祝いするようですね。
節分の恵方巻きもそうですが、ブームが来ると全国的にやるのは日本らしいですね。

アメリカはこの季節、9月頃から街がオレンジ色と茶色のデコレーションに溢れ、モールにはハロウィンのコスチュームのお店がポツポツと出始め、家々は競って庭の飾り付けをします。

週末は、家族みんなで近所のファームのパンプキンパッチ(かぼちゃ畑)に行き、大きなオレンジ色のかぼちゃを収穫します。

この時期、ファームの多くは、コーンメイズ(トウモロコシ畑の迷路)や、ヘイライド(干草用荷馬車やトラクターに乗る)も用意しています。

ハロウィン当日の夕方から夜にかけては、子供達がご近所を

Trick or treat!

という有名なフレーズを言って回り、キャンディーやチョコレートなどのお菓子をもらいに行きます。

モールでも、各お店がお菓子を用意していたりします。
ケチなお店とそうでないお店の違いもわかったりして(笑)

さて、話が逸れてしまいましたが、お家でできるハロウィン・ビンゴです。



Halloween Bingo - ハロウィン ビンゴ


お化けかぼちゃや骸骨など、ハロウィンでお馴染みの英単語を使って、ハロウィンビンゴをしましょう!
必要なのは、ビンゴシート(サンプル画像を後ほど紹介)と、下記の単語を一つずつ書いた紙。

  • pumpkin - かぼちゃ
  • bat - コウモリ
  • skeleton - 骸骨
  • jack-o'-lantern - ジャックオーランタン(提灯ジャック)
  • mummy - ミイラ
  • vampire - 吸血鬼
  • costume - コスチューム
  • spider - クモ
  • candy - キャンディー
  • black cat - 黒猫
  • witch - 魔女
  • haunted house - お化け屋敷
  • scarecrow - カカシ
  • ghost - お化け
  • owl - ふくろう
  • grave - お墓

これを、一箇所にまとめ、袋やかごに入れます。

一枚ずつ引いて、紙に書いてある単語を読み上げ、ビンゴシート上の、それに対応する絵のマスにバツ印を書きます。
縦横斜め、全部揃ったら勝ちです。
お子さんの年齢に合わせて、マスの数を調節してくださいね。
 小さいお子さんの場合は、3 x 3 から始めると良いでしょう。 

下記は、ほんの一例ですが、よろしければ画像をクリックして拡大し、プリントアウトして使ってください。





絵ではなく、単語自体をビンゴシートに書いても楽しいと思います。
その場合は、2枚目の画像のシートを使ってくださいね。 
ビンゴシートや単語のくじの作成は、親御さんがしても良いですし、お子さんにやってもらっても良いと思います。




子供は季節のイベントから、文化・習慣を学びます。

日本在住の方は、英語圏のホリデーやイベントをお祝いすることで、普段は触れないような英単語を学ぶことができます。
バイリンガル児を育てる親御さんは、できる範囲で両方の文化のお祝いを、その文化の言葉でお祝いしてあげてくださいね!





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年9月2日金曜日

一般人ハーフ会 in アメリカ

先日、日本語・英語のバイリンガルの知人達と飲み会がありました。
そのうちの4人はアメリカ国籍です。
また、そのうちの3人は、いわゆるハーフ(ミックス)です。
残りの一人は、ご両親が日系人&日本人。
みんな、20代後半〜30代前半です。

この4人の生い立ち、日本語レベルは各人でかなり違うため、面白いなぁと思ったので、ここでシェアさせてくださいね。
(英語はみなさんネイティブレベルです)

まず、軽くまとめです:

  • A 君 - 母:日本人、父:日本人以外の南国系移民。日本滞在は中学校〜高学校。公立校からインターナショナルスクールへ編入。
  • B 君 - 母:日本人、父:アメリカ人。日本生まれ。10歳前後まで日本で、その後アメリカ。日本では、インターナショナルスクール。
  • C 君 - 母:日本人、父:日系アメリカ人。日本滞在歴なし。
  • D ちゃん - 母:日本人、父:日本人以外のアジア人。日本滞在歴不明。

さて、この4人。
意外なのが、日本語の読み書き・会話ともにパーフェクトなのは、日本での滞在歴がゼロである、C 君です。

日本語レベルの最下位は、日本の公立中学校にも通ったことのある、A くん。
彼の日本語は、しゃべりからしてむちゃくちゃです。
発音もかなり英語が入ってるし、日本語で喋ってても英単語がポンポン出てきます。
その上、少し話がややこしくなると、英語にすぐ切り替わってしまいます。

B くん、D ちゃんの読み書きの日本語レベルは、他の2人と違って仕事を一緒にしたことがないのであまり分かりませんが、会話はとても自然で上手です。

さて、この違い、特に、A 君と C 君の違いは、どうしてでしょう?

まず、C 君のお母さんが非常にバイリンガル教育(日本語教育)に熱心だったという点。
彼は、アメリカの日本語補習校をきちんと高校まで終えています。

日本語ができること、日本人(日系人)であることを、家族みんなで非常に誇りにしており、2週間程度の短期滞在ですが、日本への帰省も頻繁にしています。
日本のゲームやアニメなども、惜しみなく与えてもらって育ったようです。

一方、A 君は、他のバイリンガルの子と比べて日本語力の低さがコンプレックスであるものの、「そんなの結局アメリカで必要ないし!」という態度です。

この、日本語に対する姿勢の違い。日本語レベルへの影響は大きいですね。

それから、A 君は、英語で世間話をしているのを聞く限りでは、ダブルリミテッド(セミリンガル)を疑わずにはいられないのですが・・・それは失礼ですね。

話は変わりますが、B 君のご両親は良い決断をされたなぁと思いました。
日本でインターナショナルスクールに行っていたことで、アメリカの現地校に馴染みやすかったのでは、と思います。
いくらお父さんがアメリカ人でも、準備なしでいきなりアメリカの現地校に投げ込まれたら混乱したと思います。

その上、10歳前後まで日本で暮らしていたので、日本語の土台はしっかりしているでしょうから、日本語を忘れることはないはずです。
おそらく、そこからは彼の努力と興味次第で、英語と同等の日本語を保っていくことが可能な程度は身についていたはずです。

バイリンガルも様々ですね!
環境・親の努力&経済力・子供の努力&興味・タイミング、そのすべてが子供の日本語・英語力に関わってくるんですね。

あまり難しく考えずにのびのびとバイリンガル子育てをしたいものですが、そうも言っていられないようです。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

バイリンGuru の facebook ページ始めました

バイリンGuruの facebook ページを始めました。
よろしければ、こちらをクリックするか、下記の URL から訪問してくださいね。

https://www.facebook.com/bilingurujp


LikeShare もしていただけると幸いです〜

まだオープンして間もないので、未だに β 版のような感じですが、少しずつコンテンツが増えてきているので、ページを新設するに至りました。

facebook のページでは、サイトの新しい記事や機能、バイリンガル育児に関する記事、最新の研究などバイリンガル教育に関する記事など、ブログでは詳しく紹介しないけれど興味深いものをどんどん紹介していきたいと思います。

現在までは、このブログを通して、ブログ村のブログランキングにしか参加していなかったのですが、いろんな方にご利用いただけるように、徐々に宣伝もして行きたいなぁ思っています。

サイトを実際に訪問してくださる方がいれば、今後の開発・運営に対するモチベーションがさらに上がるのでは、と思います!

そして、バイリンガル教育・バイリンガル子育て(育児)に興味のある、いろいろな方と繋がれるのでは、と期待しています。

ウェブサイトのオーナー自身が実際にウェブサイトを開発・運営しているため、アイディアをすぐ形にできるのが、バイリンGuruの強みです。

「こんな機能が欲しい」「こんな教材が欲しい」「こんなトピックについて知りたい」などのご要望がありましたら、

info@bilinguru.com

までメールをいただけると幸いです。
このブログの右サイドバーに、「連絡フォーム」がありますので、それを利用していただいてもOKです。

では、よろしくお願いいたします!


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2016年9月1日木曜日

「Zoo Bingo」- 子供と一緒に動物園で英語ビンゴゲーム

数字のビンゴゲームは皆さんお馴染みだと思います。
数字のかわりにアルファベットを使って、動物園ビンゴをしてみましょう!

まず、1マス1マスにアルファベットを書いた、ビンゴシートを用意します。
動物園を周りながら、見た動物の頭文字(ライオンなら、「Lion」の「L」)にバツ印を付けます。
もちろん、頭文字だけでなく、動物の名前を書いて、その動物を見つけたらバツ印を付けるとかでもいいですよ。
いずれにせよ、その動物がいること(そのアルファベットで始まる名前の動物がいること)を、動物園のホームページ等で確認してからお出かけください。

東山動物園(名古屋)の動物紹介ページはこちら
天王寺動物園(大阪)の動物紹介ページはこちら
旭山動物園(旭川)の動物紹介ページはこちら
上野動物園(東京)のホームページは現在リニューアル中のようです。

お子さんの年齢に合わせて、マスの数を調整してくださいね。
小さいお子さんは 3 x 3 くらいから始めると良いと思います。
また、小文字と大文字、両方用意するといいですね。

よろしければ、このページから、「Zoo Bingo」シートをダウンロードし、プリントアウトして持って行ってくださいね。
下の画像のように、好きなアルファベットを記入できるように空白してあります。



また、下の画像は一例ですが、一般的に動物園で見る動物の名前の頭文字を選んでみたので、よろしければこれもこちらからダウンロードしてご使用ください。



動物園ビンゴの際には、このような質問をしてみてくださいね。

What letter does that animal start with? (あの動物の頭文字は何かしら?)

それでは、動物園をお楽しみください!


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!