2016年11月29日火曜日

アメリカの TV ドラマ「クワンティコ」主演はインド育ちのバイリンガル女優

前回前々回と、「ギルモア・ガールズ」の紹介をしましたが、
今日も、最近見たアメリカの TV ドラマシリーズの紹介をしたいと思います。

というのも、そのドラマの主演女優さんは、英語のネイティブでないにもかかわらず、アメリカ育ちのアメリカ人の役で出演していたのです!

そのドラマは、何気なしに Netflix をブラウジングしていて見つけた、「Quantico」(邦題:クワンティコ / FBIアカデミーの真実)





主役の女優さんがボリウッド(インドの映画界)で有名なプリヤンカ・チョプラということもあり、見てみることに。

ちなみに、日本語表記ではプリヤンカー・チョープラのようですが、インド人が実際に発音しているのを聞いている私としては、その読みは違和感満載です。

彼女は、2000 年にインド代表としてミス・ワールドで優勝しています。
そのネームバリューと美貌&グラマラスなボディーを武器に、その後インドの映画界で超人気となり、アメリカにも進出。

さて、「クワンティコ」。

FBI エージェント養成学校の卒業生(&落第生)の話が、現在と過去(養成学校時代)を行ったり来たりしながら進んで行く、アクション、サスペンス満載の TV ドラマです。

話がいい加減で行き当たりばったりで何でもアリな感じなのは、「24」(邦題:24 -TWENTY FOUR-) を彷彿とさせます。
どこからかジャック・バウアーが踊り出てきそうです。
これはもう、製作者がボリウッド映画ファンなのがバレバレです!

しかし、何と言っても見所は、インド人女性として、初のアメリカ TV ドラマ主演を果たしたプリヤンカー・チョープラ。

セクシーなハスキーボイスで、アメリカ育ちのインド系アメリカ人のFBI エージェントとして、全て英語のセリフで、堂々と主役をはっています。

さて、インド育ちでヒンディー語が母国語の彼女の英語がネイティブ並みなのは、どうしてでしょう?

インドでは全て英語で授業を行う English Medium School に通う子供が多いので、英語ができるのはわかりますが、あのインドの強いアクセントがほとんどありません。

プリヤンカー・チョープラは、13 歳から 3 年間ほどアメリカの親戚宅に住んで現地の学校に通っていた、とウィキペディアには書いてありますが、インドも日本と同じで、アメリカに留学していたというのは「かっこいい」らしく、ネームバリューのためにそのような話になっているだけで、実際は旅行に行った程度かもしれず、真相はわからないようです。

なんでも、インドではアクセントを無くす訓練をする学校が多々あるらしく、コールセンターの人なんかはその訓練を受けている人が多いらしいです。

なので、バリバリのインドのアクセントのコールセンターの人もいれば、全くネイティブと変わらない発音のコールセンターの人もいるらしいです。

どうやら、プリヤンカー・チョープラもこういった発音を無くす訓練を受けたようですね。

ちなみに「クワンティコ」は子供向けのドラマでは全然ありませんが、頑張れば海外在住でもアメリカの TV ドラマでアメリカ育ちのアメリカ人の役ができるというのは、バイリンガルを育てる親としてはとても心強いと思います。

英語圏で活躍する非英語圏の女優さん。
応援してあげてください!





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

2 件のコメント:

  1. こんにちは、初めてコメントします。
    プリヤンカチョプラ(綺麗ですよね?)がアメリカのドラマの主演をしていることを初めて知り、早速Netflixで第1話を見ました。
    確かにプリヤンカ チョプラの英語はアクセントの強い”インド英語”ではないですね。
    このまま続けて見ようと思います、紹介してくださってありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. メイさん、コメントありがとうございます。
      エキゾチックな顔立ちの綺麗な女優さんですよね!
      「クワンティコ」見ていただけたようで嬉しいです。
      また遊びに来てくださいね。

      削除