2017年2月7日火曜日

2歳からできる、楽しくアルファベットを書く練習

以前、「アルファベットを教える時期」という記事を書きました。

個人差がありますが、英語圏の子供は、大抵2〜3歳で親などからアルファベットを習い始め、 4〜5歳までには全てのアルファベットを認識できるようになります。

絵本などにプリントされているアルファベットに興味を示してきたら、一つ一つ教え始めましょう。

そして、アルファベットに馴染んできたら、一つ一つ書く練習を始めましょう。
市販の練習帳を使ってするのも良いですが、お子さんが興味を示さない場合は、楽しく練習できる工夫をします。

例えば、親御さんが画用紙や自由帳などに大きくアルファベットを書き、お子さんには、それに沿ってボタンを並べてもらいます。
ボタンがない場合は、お豆でも、ブドウでも、おはじきでも、庭で採れた木の実や石でもいいですよ。
プレイドウを細く伸ばしたものをちぎって貼ってもらう、という方法もあります。






このようにして、大体の形を理解できるようになったら、今度は点線のアルファベットを親御さんが描き、それをお子さんに繋いでもらったりなど、なぞる練習をしてみてはどうでしょうか?

アルファベットの読み書きの段階で英語嫌いになってしまわないように、楽しく学習しましょう!






にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

0 件のコメント:

コメントを投稿