2017年3月28日火曜日

宇宙・太陽系(Solar System)に関する英語の絵本

まだ 3 月ですが、子供のために、6 月 〜 8 月のサマーキャンプ・サマースクールの申し込みを徐々に始めています。

近所のキッズミュージアムのサイエンスキャンプに行かせることになったので、普段の本読みにも少しサイエンスの要素を取り入れてみようと思い、自分も興味のある、宇宙(主に太陽系の惑星)についての絵本をいくつか探してみました。

ネットのレビューを参考に、実際に購入したのは、この 3 冊。




There's No Place Like Space」は、Dr. Seuss の「The Cat in the Hat's Learning Library」のうちの一冊で、とてもわかりやすい言葉でわかりやすく説明しています。さすがですね。
これなら、3 歳くらいのお子さんでも楽しく読めると思います。

The Planets In Our Solar System」もわかりやすいですが、例えば惑星の気温が何度だとか、何マイル離れているとか、大きな数を使った説明が多いので、小さいお子さんに対して読むときはそれらの説明文は飛ばして読むと良いと思います。

What's Out There? A Book About Space」は、はじめの二冊よりも、もう少し上級者向けです。

ちなみに、太陽系は、英語で「Solar System」と言います。 太陽系の惑星は、以下の 8 つです。
  • 水星  Mercury マーキュリー
  • 金星  Venus  ヴィーナス
  • 地球  Earth  アース
  • 火星  Mars   マーズ
  • 木星  Jupiter ジュピター
  • 土星  Saturn  サターン
  • 天王星 Uranus  ウラナス
  • 海王星  Neptune ネプチューン
「水金地火木土天海冥(すいきんちかもくどってんかいめい)」なんていう風に、学校で覚えた、アレです。

以前は 9 つと考えられていましたが、2006 年に冥王星(Pluto・プルート)が準惑星に分類され、1つ減ったため、現在は 8 つです。

この夏は、望遠鏡で夜空の勉強などもしたいと思います。



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
1日1回クリックをお願いします!

Instagram
↑インスタグラムしています↑
良かったらのぞいてくださいね。

バイリンGuru のサイトも是非ご訪問下さい!

0 件のコメント:

コメントを投稿